コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビヅル

百科事典マイペディアの解説

エビヅル

ブドウ科のつる性の落葉低木。北海道南西部〜九州,東アジアの山野にはえる。葉は互生し,長い柄があり,3〜5裂した心臓形で,裏面には綿毛が密生する。夏,淡黄緑色の小さな花が円錐状に密集し,葉に対生する。雌雄異株果実5mmほどの球形,房となり黒熟し,食べられる。近縁ヤマブドウは北海道〜四国の山地にはえ,つるは太く木質,葉はエビヅルに似てずっと大きく果実は球形で径約8mm,紫黒色に熟し食用となる。ともに葉は美しく紅葉する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビヅル
えびづる
[学]Vitis thunbergii Sieb. et Zucc.

ブドウ科の落葉藤本(とうほん)で、樹皮は縦に裂け、皮目はない。小枝は帯赤褐色の綿毛に覆われる。葉は扁卵(へんらん)形で3~5裂し、基部は心臓形をなし、縁(へり)には低い歯牙(しが)状鋸歯(きょし)がある。表面は深緑色でしわがあり、裏面は初め帯白色、のちに帯赤褐色の綿毛に覆われる。雌雄異株。花は6~7月に開き、小さくて黄緑色、巻きひげをもつ穂状の円錐(えんすい)花序に群がる。花弁は5枚、その末端で互いに癒合し、帽子のような形をしたまま脱落する。雄しべは5本、花糸は長い。果実は球形で秋に黒く熟し、食べられる。本州、四国、九州の山野に多く、朝鮮、中国に分布。つるの髄の中にすむ虫を釣りの餌(えさ)に、葉裏の綿毛を集めてモグサにする。[籾山泰一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエビヅルの言及

【ヤマブドウ(山葡萄)】より

…秋には美しく葉が紅葉する。 エビヅルV.ficifolia Bungeは山野に普通に見られる雌雄異株のつる性植物。葉はヤマブドウに似て小型,長さ5~15cmで変異が多く,多くは3浅裂しているが,ほとんど卵形で分裂しないものから,深く3~5裂するものまである。…

※「エビヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android