コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビヅル

百科事典マイペディアの解説

エビヅル

ブドウ科のつる性の落葉低木。北海道南西部〜九州,東アジアの山野にはえる。葉は互生し,長い柄があり,3〜5裂した心臓形で,裏面には綿毛が密生する。夏,淡黄緑色の小さな花が円錐状に密集し,葉に対生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビヅル
えびづる
[学]Vitis thunbergii Sieb. et Zucc.

ブドウ科の落葉藤本(とうほん)で、樹皮は縦に裂け、皮目はない。小枝は帯赤褐色の綿毛に覆われる。葉は扁卵(へんらん)形で3~5裂し、基部は心臓形をなし、縁(へり)には低い歯牙(しが)状鋸歯(きょし)がある。表面は深緑色でしわがあり、裏面は初め帯白色、のちに帯赤褐色の綿毛に覆われる。雌雄異株。花は6~7月に開き、小さくて黄緑色、巻きひげをもつ穂状の円錐(えんすい)花序に群がる。花弁は5枚、その末端で互いに癒合し、帽子のような形をしたまま脱落する。雄しべは5本、花糸は長い。果実は球形で秋に黒く熟し、食べられる。本州、四国、九州の山野に多く、朝鮮、中国に分布。つるの髄の中にすむ虫を釣りの餌(えさ)に、葉裏の綿毛を集めてモグサにする。[籾山泰一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエビヅルの言及

【ヤマブドウ(山葡萄)】より

…秋には美しく葉が紅葉する。 エビヅルV.ficifolia Bungeは山野に普通に見られる雌雄異株のつる性植物。葉はヤマブドウに似て小型,長さ5~15cmで変異が多く,多くは3浅裂しているが,ほとんど卵形で分裂しないものから,深く3~5裂するものまである。…

※「エビヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エビヅルの関連キーワードブドウスカシバ(葡萄透翅)ブドウトラカミキリノブドウ(野葡萄)アカガネサルハムシ葡萄蔓虫・蘡薁虫ブドウスカシバヤマブドウスカシバガカミエビ雌雄異株葡萄蔓虫ブドウ科ブドウ葡萄葛葡萄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android