コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビモ

2件 の用語解説(エビモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エビモ

ヒルムシロ科の多年生の水草。南米を除き全世界に分布。河川,湖沼,ため池などの水中に群生し,水質汚染にも強く,流水域では最もふつうに見られる。茎は長さ60cm内外,線形でやわらかく柄のない葉を互生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビモ
えびも / 蝦藻・海老藻
[学]Potamogeton crispus L.

ヒルムシロ科の沈水性多年草。草長1~3メートル、全草淡黄緑色。根茎は円柱形であるが、水中茎は扁円(へんえん)形で長径約3ミリメートル、短径約1.3ミリメートル。葉は互生し、線状長楕円(ちょうだえん)形で長さ3~5センチメートル、幅0.4~1センチメートル、葉脈は3本。葉の基部は無柄で鈍形または円形で、上下にねじれる。花序に数個結実するが、堅果は広卵形で背部に鈍い鋸歯(きょし)がある。名は、葉の屈曲した形がエビに似ることに由来する。昔は緑肥に利用した。低地や高地にある湖沼、溜池(ためいけ)および河川の浅水中に群生し、南アメリカを除く世界各地に広く分布する。種子や夏期につく殖芽のほか、そのままでも越冬し、冷水中や富栄養化した水域などでも大繁殖する。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエビモの言及

【ヒルムシロ】より

…葉柄があり,葉身は狭披針形で長さ8~12cm,幅1~2.5cmあり,葉縁に波状のしわがある。エビモP.crispus L.(イラスト)は,葉が沈水性で葉柄はなく,葉身は長さ3~5cm,幅4~6mm。葉縁は波形に強くちぢれている。…

※「エビモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エビモの関連情報