コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エプーリス(歯肉腫) えぷーりすしにくしゅ Epulis

1件 の用語解説(エプーリス(歯肉腫)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えぷーりすしにくしゅ【エプーリス(歯肉腫) Epulis】

[どんな病気か]
 エプーリスとは病名ではなく、外形からみた診断名です。歯肉(しにく)(歯ぐき)や歯根(しこん)周囲の歯根膜(しこんまく)、そして歯槽骨膜(しそうこつまく)などから発生する腫瘤(しゅりゅう)で、腫瘍(しゅよう)ではありません。
 病理組織学的に検査すると、炎症性のものから腫瘍性のものまでいろいろあり、炎症性、腫瘍性、その他の3つに分けられます。
 炎症性エプーリスには、肉芽腫性(にくげしゅせい)、線維性、末梢血管拡張性(まっしょうけっかんかくちょうせい)、骨形成性(こつけいせいせい)、セメント質形成性のエプーリスがあります。また腫瘍性エプーリスには、線維腫性(せんいしゅせい)、血管腫性(けっかんしゅせい)、骨腫性(こつしゅせい)、セメント質腫性のエプーリスがあります。
 その他のエプーリスには、巨細胞性、妊娠性、および新生児の口腔内(こうくうない)に現われる非常に珍しい先天性エプーリスがあります。
 エプーリスは、あくまで診断名ですから、口腔がんとの鑑別が重要になります。
 一見大きくて、急速な増大を示すものもありますが、ほとんどのものは境界がはっきりしてポリープ状であること、歯などがあたらないかぎり、腫瘤の表面に潰瘍(かいよう)をつくらないことなどの臨床的所見から、おおよその診断は可能です。
 といっても、万一のことがありますから、最終的には、切除した標本を病理検査することが必要です。
[原因]
 歯垢(しこう)(プラーク)や歯石(しせき)その他の不適合歯科補綴物(ふてきごうしかほてつぶつ)(ブリッジ入れ歯など)による慢性刺激が原因として考えられます。
 妊娠性エプーリスは、妊娠初期から中期にかけてみられ、出産後は消失します。
 これについては、ホルモンをはじめいろいろな原因が考えられていますが、妊娠中よく歯をみがき、歯ぐきのマッサージをして口の中をきれいに保っていれば、ほとんど発生しません。
[症状]
 歯頸部(しけいぶ)の歯肉に有茎状(ゆうけいじょう)(ポリープ様)または分葉状(ぶんようじょう)の腫瘤としてみられます。
 表面の粘膜(ねんまく)はピンク色で平滑なものが多く、かたさもやわらかくて弾力性のあるものから、骨に近いかたさを示すものまでさまざまです。
 大きくなると、やわらかい腫瘤では、対合歯(たいごうし)または食べ物などと接触して出血をくり返し、表面にびらんや潰瘍を形成します。
 妊娠性エプーリスは、妊娠初期には末梢血管拡張性エプーリスとしてみられ、中期には肉芽腫性エプーリスのかたちをとり、末期には線維性エプーリスのかたちに変化するのが特徴です。
[治療]
 妊娠性エプーリスはようすをみることがありますが、その他のエプーリスは切除します。
 再発させないためには、歯根膜を含めて原因となっている歯を抜歯(ばっし)する必要があります。
 歯がしっかりしており、抜歯したくないと思ったら、再発することを覚悟したうえで、また、十分なブラッシングなど口腔ケアを行なうことを前提として、エプーリスだけの切除を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

エプーリス(歯肉腫)の関連キーワードツーリストツーリストクラス何心地病名不死身プリマドンナフローリストゴーリストtodoリストマドンナデッリドリス教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone