コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯肉腫 しにくしゅepulis

2件 の用語解説(歯肉腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯肉腫
しにくしゅ
epulis

エプーリスともいう。歯肉部にできる限局性の腫瘤状増殖物の臨床的総称。歯根膜,歯槽骨骨膜,歯肉から生じ,茎をもつものが多く,良性である。 20歳代の女性によくみられる。炎症性と腫瘍性があるが,前者が多く,肉芽腫性,線維性,血管腫性,末梢血管拡張性などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歯肉腫
しにくしゅ

歯肉部に生じた良性の限局性腫瘤(しゅりゅう)に対する臨床的総括名。英名のエプーリスepulisは、ラテン語のepi(上)とulis(歯肉)の合成語である。炎症性の増殖物および良性の腫瘍(しゅよう)がこれに含まれ、浸潤性増殖や転移をおこすことはない。歯肉腫は一般に歯槽骨、歯槽骨骨膜、歯根膜、歯肉から発生する。とくに歯間部に発生しやすく、上顎(じょうがく)の口唇側が好発部位である。また、好発年齢は20~30歳代で、男性よりも女性に多い。治療は外科的に摘出する。なお、妊娠時に生じるものは妊娠性エプーリスとよばれ、分娩(ぶんべん)後に縮小または自然消失することがあるので、とくに障害がない限り経過観察を行う。[矢正之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone