コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラシストラトス エラシストラトス Erasistratos (of Chios)

3件 の用語解説(エラシストラトスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラシストラトス
エラシストラトス
Erasistratos (of Chios)

[生]前304頃.ケオス島?
[没]前250頃.サモス
アレクサンドリアで活躍したギリシアの解剖学者,医師。生理学の創始者ともみなされている。特に循環器系と神経系の研究で知られる。感覚神経運動神経の区別を認めたが,神経は液体を流す中空の管だと思っていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エラシストラトス【Erasistratos】

前315ころ‐前240ころ
古代ギリシアの医学者。ケオス島の医家の息子として生まれ,アレクサンドリア医学派の名声をヘロフィロスと分けあう。人体解剖学,とくに脳髄の構造,脳神経による感覚・運動のメカニズム,運動神経と感覚神経の区別,脈管系,呼吸,消化吸収の機能とメカニズムの究明,その他多くの解剖学的,生理学的所見で抜群の業績を残した。後のガレノスの医学はこれらの研究に負うところがひじょうに大きい。【大槻 真一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラシストラトス
えらしすとらとす
Erasistratos
(前290ころ―?)

古代ギリシアの医師。エーゲ海のケオス島のイウリスに生まれ、一時シリアに住み、のちアレクサンドリアに移り、クニドス派の医学説を伝えた。解剖学と生理学に優れ、脳神経系統、心臓脈管系統の研究、とくに心臓弁膜の構造と機能について詳しく記述し、病理解剖学の始祖ともいわれる。ヒポクラテスのいう四元素説と液体病理説を排し、人体を粒子アトムからなると考えた。臨床上の見解では診断を重んじ、個人の体質に注意を払った。病気の治療については穏やかな方法を好んで採用して、当時、一般に広く行われていた瀉血(しゃけつ)には極端に反対した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエラシストラトスの言及

【解剖学】より

…前4世紀から前3世紀にはアレクサンドリアが学術の中心であった。この地にヘロフィロスエラシストラトスが出て,人体の解剖を行い,罪人の生体解剖をも実行したという。公の科学としての人体解剖は両者をもって嚆矢(こうし)とする。…

※「エラシストラトス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エラシストラトスの関連キーワードイオス島ケオス島コス島ヒオス島ヘロフィロスギリシャ語Ασκληπιείονイラクリア島《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜