コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルゴメトリン エルゴメトリンergometrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルゴメトリン
ergometrine

エルゴノビンともいう。子宮収縮止血剤。麦角から抽出されるアルカロイドの一種で,子宮収縮作用が強い。子宮平滑筋に直接作用してすみやかに収縮させるが,その収縮は律動的で,持続性がある。他の麦角アルカロイドと異なって交感神経遮断作用はなく,毒性も低い。おもに分娩後,子宮の緊張が低下した状態に用いられる。子宮を収縮させると同時に胎盤の剥離を容易にし,出血を減少させる作用もある。経口投与も可能である。悪心,吐き気,めまい,耳鳴りなどの副作用が起ることがある。マレイン酸エルゴメトリンはエルゴメトリンの半合成誘導体で,エルゴメトリンより強力な子宮収縮作用を有し,エルゴメトリンと同様の目的で使用される。副作用はほとんどない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

エルゴメトリン

 C19H23N3O2 (mw325.41).

 エルゴノビンともいう.麦角アルカロイドの成分でリゼルギン酸とL-β-アミノプロパノールとのアミド.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

エルゴメトリン【ergometrine】

麦角から得られるアルカロイドの一。子宮を収縮させる作用があり、産前産後に用いられる。エルゴノビン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエルゴメトリンの言及

【子宮収縮薬】より

…脳下垂体後葉ホルモンのうちオキシトシンは,9個のアミノ酸からなるペプチドで,子宮収縮作用が強く(似た構造をもつバソプレシンは血圧上昇作用および抗利尿作用が強い),陣痛の弱いときに分娩促進薬として繁用される。麦角は,ライムギの根に寄生する子囊菌類麦角菌の菌核の乾燥体で,代表的な成分はエルゴタミンとエルゴメトリンである。子宮を収縮させ,その作用はエルゴメトリンが強い。…

【麦角】より

…ウシはウマよりも弱い。【寺中 理明】
[薬用]
 麦角はエルゴメトリンergometrine,エルゴタミンergotamine,エルゴトキシンergotoxineなどのアルカロイドを含む。これらは子宮とくに妊娠子宮を収縮させる作用がある。…

※「エルゴメトリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルゴメトリンの関連キーワードエルゴットアルカロイド子宮収縮薬リセルグ酸子宮収縮剤麦角中毒

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android