コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレンブルグ Erenburg, Il'ya Grigor'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレンブルグ
Erenburg, Il'ya Grigor'evich

[生]1891.1.27. キエフ
[没]1967.8.31. モスクワ
ソ連の作家。ユダヤ人の中流家庭に生れたが,革命運動に参加,18歳でパリに亡命し,唯美派的な処女詩集『詩篇』 Stikhi (1910) で文壇に登場。革命勃発とともに帰国したが,1921年新聞特派員となり,パリ,ベルギー生活のなかで最初の長編『フリオ・フレニトの奇妙な遍歴』 Neobychainye pokhozhdeniya Khulio Khurenito (22) を書き,レフ LEF (芸術左翼戦線) に参加しながら実験小説などを発表。第2次世界大戦当時にも多くの長編があるが,戦後の特筆すべき作品として『あらし』と『雪どけ』がある。ソ連知識人の精神史ともいうべきライフワーク『人間・歳月・生活』 (邦訳『わが回想』) を書き残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エレンブルグ(Il'ya Grigor'evich Erenburg)

[1891~1967]ソ連の小説家。たびたび西欧滞在。鋭い時代感覚と柔軟な知性をもって多彩な文学活動を展開。小説「トラストDE」「パリ陥落」「嵐」「第九の波」「雪解け」、回想録「人間・歳月・生活」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エレンブルグ

ロシア(ソ連)の作家。キエフ生れでユダヤ系。その生涯は20世紀の激動をそのまま体現し,ソ連文壇の数少ない西欧理解者として知られた。第1次大戦前夜にパリで詩人として出発,《フリオ・フレニトの遍歴》(1922年),《トラストD.E.,ヨーロッパの滅亡史》(1923年)などの前衛的小説を経て,《第二の日》(1934年)で社会主義建設のテーマに取り組み,次いでスペイン内乱に参加,第2次大戦には《パリ陥落》(1942年),《嵐》(1947年)でこたえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エレンブルグ【Il’ya Grigor’evich Erenburg】

1891‐1967
ロシア,ソ連邦の詩人,作家。キエフのユダヤ人家庭に生まれ,少年時代をモスクワで送った。15歳のときボリシェビキの地下運動に参加,17歳で逮捕され,翌年パリへ亡命。1910年に処女詩集《詩篇》を刊行,パリのモンパルナスのカフェ〈ロトンド〉にたむろするボヘミアン芸術家たちと親交を結ぶ。革命の報をきいて,9年間のパリ生活から帰国,ウクライナで国内戦の渦にまきこまれた。20年にようやくモスクワへ出,革命の現実をまのあたりにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エレンブルグ【Il'ya Grigor'evich Erenburg】

1891~1967) ソ連の作家。1930年代の初めまで、主にパリで活躍。小説「トラスト DE 」「パリ陥落」「嵐」「雪どけ」、回想「人間・歳月・生活」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレンブルグ
えれんぶるぐ
Илья Григорьевич Эренбург Il'ya Grigor'evich Erenburg
(1891―1967)

ロシア・ソビエトの詩人、作家。キエフのユダヤ人の家庭に生まれモスクワで成長した。15歳でボリシェビキの地下運動に参加、17歳で逮捕され、18歳でパリへ亡命。モンパルナスのカフェ「ロトンド」に集まるボヘミアン芸術家と親交を結び、処女詩集『詩篇(しへん)』(1910)を刊行。祖国の革命の報に接し急ぎ帰国したが、たちまち国内戦の渦に巻き込まれ、ようやく1920年にモスクワへ戻った。ロシア革命の現実になかば幻滅し、翌21年、ふたたび新聞の特派員としてパリへ赴く。しかし、まもなく追放され、ベルギーで処女長編『フリオ・フレニトの奇妙な遍歴』(1922)を書く。資本主義世界を風刺的手法で暴き、初期エレンブルグ独特のシニカルな筆致が目だつ作品だが、晩年に至るまで作者はひそかな愛着を覚えていたようだ。その後もベルリンで『トラストDE、ヨーロッパ滅亡史』(1922)、『13本のパイプ』(1923)などを発表、作家としての地位を確立した。しかし、『第二の日』『息もつかずに』(ともに1934)を書くまでは社会主義ロシアの作家としての自覚に欠けていたようにみえる。36年、スペイン内戦に際し、旧ソ連当局の許可も得ずにパリからマドリードへ飛び、人民戦線に投じた。この間の事情は『パリ陥落』(1942)および回想録に詳しい。第二次世界大戦中は反ファシストの闘士として新聞紙上に健筆を振るった。評論集『戦争』(1944)はその成果である。戦後は『あらし』(1947)、『第九の波』(1951)など国際政治を舞台にした長編を発表。旧ソ連政府の西欧へのスポークスマン的な役割をも果たした。スターリン死後、中編『雪どけ』(1954)を発表、旧ソ連社会の自由への息吹をいち早く伝えた。晩年は回想録『人間・歳月・生活』(1960~65)を書き、旧ソ連知識人の精神史の空白を埋め、20世紀の貴重な証言となった。[木村 浩]
『工藤精一郎訳『フリオ・フレニトの遍歴』(1969・集英社) ▽工藤精一郎訳『パリ陥落』全3巻(新潮文庫) ▽木村浩訳『わが回想 人間・歳月・生活』全6巻(1961~66・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエレンブルグの言及

【反ファシズム】より

… そして翌35年,これらフランス知識人はファシズムに対する文化の擁護を訴え,6月パリに24ヵ国230名の文学者を集め,第1回〈文化擁護国際作家会議〉を開催する。外国からの参加者には,ハインリッヒ・マン,ブレヒト,ムージル,ゼーガース,ハクスリー,バーベリ,エレンブルグらがいた。〈作家会議〉は,翌年ロンドンで書記局総会,37年7月内戦下のマドリードとパリで第2回大会を開催し,さらにネルーダ,スペンダー,オーデンらの参加をみた。…

【雪どけ】より

…ロシア・ソ連邦の作家エレンブルグの中編小説《雪どけOttepel’》(1954)から生まれた言葉で,主としてソ連における緊張緩和政策を意味する世界語となっている。エレンブルグの小説はスターリン死後のソ連社会に訪れたささやかな変化を鋭敏にとらえ,人びとの生活感情を的確に表現した作品である。…

※「エレンブルグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エレンブルグの関連キーワードジャッキー・ステファン アレクシ社会主義リアリズム[文学]ウラジミル ポメランツェフトワルドフスキーノーブイ・ミールプロレタリア文学雪解け・雪融けノベチェント1月27日ロシア文学米川 正夫同伴者文学鹿島 保夫パノーワ上脇 進鹿島保夫アレクシセルパン木村浩新世界

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android