コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンタシス entasis

翻訳|entasis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンタシス
entasis

建築用語。円柱柱身などに付されたふくらみ。ギリシアのアルカイック期のドーリス式円柱に特に顕著で,柱身のなかほどから上部にかけてふくらみのある曲線を示す。柱が荷重を支える力を表現すると同時に,外光によって柱の中央部がくびれて見えるのを防ぐとされる。前5~4世紀になり,次第に少くなる。ゴシックの塔やロマネスクの柱身にもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エンタシス(entasis)

古代ギリシャ建築の柱に施された、ゆるやかなふくらみ。視覚的な安定感を与える。日本の法隆寺にもみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エンタシス

建築用語。柱身の胴につけられたわずかなふくらみ。エジプトバビロニアの柱にも見られるが,建築要素として確立したのは古代ギリシアのドリス式イオニア式からで,後代の建築にも目だたない程度に採用されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンタシス【entasis】

古代ギリシア建築の円柱の柱身が,中央部でややふくらんでいる様子(胴張り)を指す。ウィトルウィウスは直線的な輪郭では中央部が細く見えてしまうのを矯正するためとしているが,円柱の重心を低くして安定性を増すためともいわれる。この手法はヘレニズム時代に東方に伝わり,ペルシアや中国を経て,日本の法隆寺などにもその影響が表れており,シルクロード経由の文化東漸の好例とされる。【福田 晴虔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エンタシス【entasis】

円柱につけられた微妙なふくらみ。建物に視覚的な安定感を与えるためのもの。ギリシャ・ローマ・ルネサンス建築の外部の柱に用いた。日本では、法隆寺金堂の柱などにみられる。胴張り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンタシス
えんたしす
entasis

緊張、張りなどを意味するギリシア語に由来する建築用語。ギリシア建築の柱身に付されたわずかな膨らみ、胴張り。視覚的には柱身にエンタシスを付すことによって柱の硬直さを和らげる一方、建築上部の重圧に対して緊張感を与える。ギリシア建築ではドーリス式の柱に顕著に表現され、イオニア式、コリント式の柱身にもわずかながら認められる。エンタシスはその後ローマ建築やルネサンス建築の柱にもしばしば採用されているが、わが国の建築では法隆寺南大門や唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂などの木柱にその例がみられる。[前田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエンタシスの言及

【柱】より

… 断面の形状をみると,円柱と方柱のほか六角柱,八角柱,長方形の鏡柱や片蓋(かたぶた)柱,角に自然の丸みを残した面皮(めんかわ)柱などがある。円柱は飛鳥・奈良時代には下方が膨らんでおり,これをエンタシス(胴張り)という。鎌倉時代に伝来した禅宗様(唐様(からよう))や大仏様(天竺様)の建築では,粽(ちまき)といって上下を急に(禅宗様)あるいは,上方を緩やかに(大仏様)細める手法が用いられた。…

※「エンタシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エンタシスの関連キーワードドーリス式オーダー宗廟[ソウル]ドーリス様式ギリシア美術ギリシア神殿旧見付学校オーダー飛鳥文化

エンタシスの関連情報