エンネル(読み)えんねる(英語表記)Jean-Jacques Henner

日本大百科全書(ニッポニカ)「エンネル」の解説

エンネル
えんねる
Jean-Jacques Henner
(1829―1905)

フランスの画家アルザスに生まれ、パリの美術学校に学ぶ。1858年ローマ賞を受賞し、63年のサロンでデビュー。アルザス人としてホルバインやクールベを尊敬し、イタリア留学ではティツィアーノとコレッジョに影響される。官展派の画家として名声を得たが、宗教画、肖像よりも、なかば夢幻的、なかば理想主義的な裸体画に本領が発揮された。官展の画家としては珍しく印象派に好意をもったことも注目される。

中山公男

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エンネル」の解説

エンネル
Henner, Jean-Jacques

[生]1829.3.5. アルザス,ペルンビレ
[]1905.7.23. パリ
フランスの画家。ストラスブールで学んだのち,1846年パリに出て美術学校に学ぶ。 58年,ローマ大賞を受賞し,59~65年ローマに留学。ジョルジョーネコレッジオなどの作品に多くを学び,またベネチア派絵画にも強く影響を受けた。作品には女性の肖像画,ベネチアの風景画などがあるが,官能的な裸婦の表現に最もすぐれていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android