オイペン(英語表記)Eupen

世界大百科事典 第2版の解説

ベルギー東部,リエージュ州の小都市。ドイツとの国境に位置する。人口1万5000(1978)。伝統的にリンブルク公領の一部だったが,1815年以降ドイツに属し,第1次大戦後ベルギー領となった。この国で少数の,ドイツ語を公用語とする自治体の一つ。18世紀以来,食品,繊維,金属などの工場が多い。南に位置するファーニュ高原の探勝の出発点であり,また,謝肉祭の行事も有名である。【森本 芳樹

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルギー東部、リエージュ州のドイツ国境に近い工業都市。人口1万7606(2002)。ムーズ(マース)川の支流ベズドル川に臨む。第一次世界大戦後にドイツより割譲されたドイツ語圏で、1993年の連邦制移行に伴い発足したドイツ語共同体に、南のマルメディとともに属する。ドイツのアーヘンの都市圏に入る。ベルギー最大のダムがあり、水力発電所がある。電気機械工業、羊毛工業、食品加工業が発達。オートファーニュ地方への観光、保養基地となっている。[川上多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイペンの関連情報