コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウウヨウラクガイ

2件 の用語解説(オウウヨウラクガイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オウウヨウラクガイ

アクキガイ科の巻貝。高さ5cm,幅3cmに達するが,一般にはこれより小さい。殻は厚く堅く,黄白〜赤褐色まで個体変異があり,ときに濃褐色の帯をめぐらす。日本全土,朝鮮半島,中国の潮間帯から水深20mくらいの岩礫(がんれき)底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウウヨウラクガイ
おううようらくがい / 奥羽瓔珞貝
Japanese oyster drill
[学]Ocenebra japonica

軟体動物門腹足綱アクキガイ科巻き貝。日本全土から朝鮮半島、中国華北に分布し、宮城県付近から輸出される種ガキについて北アメリカ西岸にも移入され繁殖している。殻高50ミリメートル、殻径30ミリメートルぐらいで、殻表は褐色の個体が多いが、黄白色の地に濃褐色の色帯があるものもある。殻は堅く、殻表には間隔を置いて翼状の縦肋(じゅうろく)があり、肩は角張る。殻口は卵形で下方へ狭まる。水管溝はほとんど閉じて管状となり、前方へ延びる。蓋(ふた)は革質で褐色をしている。肉食性で、二枚貝などの殻に穴をあけ、口を差し込んで肉を食べる。カキの養殖場に増えて害を及ぼしている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オウウヨウラクガイの関連キーワードイタヤガイウバガイトリガイバイヒメエゾボラ悪鬼貝袖貝籬貝揚巻貝逆巻貝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone