オオオニバス(英語表記)royal water lily

世界大百科事典 第2版の解説

オオオニバス【royal water lily】

ボリビアからアマゾン地方原産のスイレン科の多年生水生植物。スイレン科の中での最大型種。オニバスに似てより大型であるところからこの名があるが,オニバスとは別属の植物である。直径1~2mとなる大型円形の浮葉を生じ,葉縁は5cmぐらい上曲してたらい状となる。葉面は緑色光沢があり,葉柄,葉裏脈上,花茎や萼片には多数のとげがある。花は直径30cm前後,芳香ある白色花。開花後,ピンクから紅色に色変りをして3日後に咲き終わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオオニバス
おおおにばす / 大鬼蓮
[学]Victoria

スイレン科(APG分類:スイレン科)の水生多年草で、熱帯中南米原産。池、沼、河川などに自生し、葉は円形で直径2メートルにも及び、縁がたらいや盆のように15センチメートルほど立ち上がり、水面に浮かぶ。葉の大きなことでは世界有数で、葉の上には50キログラム前後の人ならば乗ることもできるといわれる。花は二夜しか咲かず、いろいろ話題の多い植物である。属名のビクトリアは、栽培に初めて成功したビクトリア女王(1世)の名を記念して名づけられた。
 一般にオオオニバスといわれるアマゾニカV. amazonica (Poepp.) Sowerby (V. regia Lindl.)は、旧名のレギア(女王の意味)の名でも知られ、アマゾン流域からボリビア、ギアナに分布する。葉の直径は約2メートルで、葉の縁は立ち上がり、表面は光沢のある緑色。裏面と葉柄は刺(とげ)で覆われ、葉脈は赤みを帯び、全体が赤茶色になる。つぼみの外側の褐色部分にも刺がある。花は純白で強い芳香があり、夕刻から開き深夜に満開となる。翌日の日中は閉じるが、夜にはまた開き、やがて水没する。2日目の花は濃桃色である。パラグアイオニバスV. cruziana Orbignyはパラグアイ、パラナ(ブラジル)の原産で、前種に比べやや小形で、葉の直径は1~1.6メートル。すべての点で前種と似るが、葉の縁が高く立ち上がること、葉の裏が緑色であること、つぼみの外側に刺がないことでアマゾニカと区別できる。
 この仲間は水温28℃前後、つねに強い陽光の下で栽培する。花のあとエンドウ大の種子が2か月余りでできるので、採種し水中に保存する。育苗は2~3月に田土に種を播(ま)き、浅水にして発芽させる。開花には6~8か月を要する。[坂梨一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオオニバスの関連情報