コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカメノキ

百科事典マイペディアの解説

オオカメノキ

ムシカリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカメノキ
おおかめのき
[学]Viburnum furcatum Bl.

スイカズラ科の落葉低木。別名ムシカリ。名の意味は諸説がありよくわからない。樹高は7、8メートルに達し、枝の先が花序で終わり、仮軸(かじく)分枝をする。冬芽には発育不完全な1対の葉がつくが、芽鱗(がりん)とよばれるほどの変態はしていない。若い枝や葉などに鱗(うろこ)状の小さい星状毛が密生する。花序は散房形、周辺の花は花冠が大きくなった装飾花で美しいが、実ができない。花序中央部の花は両性花。花は春に開き、花冠は白色。果実は初め赤く、のちに黒くなる。核は腹側に1本の深い溝がある。北海道、本州、四国、九州、樺太(からふと)(サハリン)、さらに朝鮮の一部に分布し、温帯上部に多い。北アメリカや中国に近縁種が知られている。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオカメノキの言及

【ムシカリ】より

…冬芽には発育不完全な1対の葉がつくが,鱗片といえるほどの変態はしていない。葉は対生,長さ10~15cm,円心形でその形のためオオカメノキともいう。裏面にうろこ状の星状毛が密生する。…

※「オオカメノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオカメノキの関連キーワード鱗片葉

オオカメノキの関連情報