コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオクイナ Rallina eurizonoides; slaty-legged crake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオクイナ
Rallina eurizonoides; slaty-legged crake

ツル目クイナ科。全長 21~26cm。頭部と頸,胸は赤褐色で,背面は暗オリーブ褐色,下胸以下の下面は黒と白の粗い横縞模様である。一見ヒクイナに似ているが,ひとまわり大型で,腹部の横縞模様が非常にはっきりしている。パキスタンインドからフィリピン,さらにスラウェシ島までの熱帯アジアに分布するほか,タイワン(台湾)および先島諸島石垣島西表島竹富島小浜島黒島与那国島にも留鳥として生息する。おもに灌木林や森林にすみ,地上で生活し,営巣する。人が近づくと飛ばずに走って逃げ,また夜行性であるために観察が難しく,習性はよくわかっていない。夜間に「こっ,こっ,こっ」という声でよく鳴く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオクイナ
おおくいな / 大秧鶏
banded crake
[学]Rallina eurizonoides

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。全長約28センチメートル。背は暗オリーブ褐色で、頭頸(とうけい)部と胸は栗(くり)色、腹は白黒の著しい横縞(よこじま)模様である。インドからフィリピン、スラウェシ(セレベス)まで分布する。日本では八重山(やえやま)列島に留鳥として生息するが、数は多くない。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオクイナの関連キーワードイリオモテヤマネコ