コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオスカシバ(大透翅) オオスカシバCephonodes hylas

世界大百科事典 第2版の解説

オオスカシバ【オオスカシバ(大透翅) Cephonodes hylas】

鱗翅目スズメガ科の昆虫(イラスト)。この科の中では小型のガで,開張5cm内外。翅はほとんど透明,体は黄緑色,腹部に黒帯と赤帯がある。羽化したときには翅は光沢のない鱗粉に覆われているが,翅が硬化し,細かく羽ばたくと同時に鱗粉が脱落して透明となる。アフリカからオーストラリアまで,熱帯から亜熱帯に広く分布し,日本では本州から南に産する。成虫は昼飛性で,きわめて活発に飛び,雌は幼虫の食草であるクチナシを訪れ,葉や小枝に産卵する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android