コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオセ Orectolobus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオセ
Orectolobus japonicus

テンジクザメ目オオセ科の海水魚。全長 1mになる。体は肥大し,前方は縦扁して幅が広い。吻は短く幅広い。口のまわりに多数の皮質突起がある。体色褐色で,10条またはそれ以上の暗色横帯がある。胎生。底生性(→底魚)で,能登半島房総半島以南,朝鮮半島からベトナムフィリピンに分布する。食用となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオセ【Orectolobus japonicus】

テンジクザメ目テンジクザメ科の海産魚(イラスト)。オオセは山口県の呼名であるが,何に由来したものかは不明。本州中部以南の各地の沿岸または浅海域に分布するが,分布域は台湾や朝鮮半島にも広がる。同属にクモハダオオセカラクサオオセがおり,オーストラリアまで分布する。オオセには鼻と口を結ぶ鼻口溝があり,ひらべったいずんぐりした体型で,頭部先端部に肉質状の突起物があるのが特徴。全長1mに達する。魚食性が強く,海藻の茂った海底に迷彩服模様の扁平な体を横たえ,口のまわりの肉質状突起をひらひらさせ,海藻とまちがえて近づく小魚を食べるといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオセ
おおせ / 大瀬
Japanese carpet shark
[学]Orectolobus japonicus

軟骨魚綱サメ目テンジクザメ科に属する海水魚。中部日本以南の沿岸域に分布する。底生性のサメで体が縦扁(じゅうへん)していて、頭部の側面に肉質の皮弁が多数あるのが特徴である。この種には体に濃淡さまざまな褐色の複雑な紋様があって、岩や海藻の中などでは迷彩色となる。鋭い歯をもっているので、潜水中に踏みつけたりしないように注意が必要である。成魚は全長1メートルくらいになり、卵胎生で約20尾の仔魚(しぎょ)を産む。東シナ海などでは底引網で漁獲され、長崎県などでは賞味される。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオセの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地イトトンボ(糸蜻蛉)サバンナ(植生帯)セイボウ(青蜂)セミタケ(蝉茸)センショウグモリュウガヤスデさぬきよいまいセンチコガネカモメ(鷗)センザンコウ大瀬 しのぶセグロカモメセイボウ冬虫夏草世界一統ガーベラ軟骨魚類底引網板鰓類

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオセの関連情報