コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオツノシカ(大角鹿) オオツノシカgiant deer

世界大百科事典 第2版の解説

オオツノシカ【オオツノシカ(大角鹿) giant deer】

目の上の眉枝と角幹の先端が大きく,掌状になった角をもった大型のシカで,角のさしわたしが3.7mに及ぶものもある。第四紀更新世中・後期にヨーロッパと東および北アジアに分布していたが,氷河時代の終りとともに絶滅した。形態は現生のヘラジカに似るが,首はアカシカのように上にもたげていた。ヨーロッパにいたメガロケロス属Megalocerosのものと,アジアのシノメガケロス属Sinomegacerosのものは角の形状で区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android