オオツノシカ(読み)おおつのしか(英語表記)irish elk

  • Megaloceros
  • おおつのしか / 大角鹿

翻訳|Irish elk

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷河時代(第四紀更新世末)、ユーラシア大陸北部の疎林の地域に生息していた大形のシカの一グループ。角(つの)は枝分かれしなくて、板状になっていた。氷河時代の終わりとともに絶滅したとされるが、黒海周辺の地域には紀元前500年ころまで生き残っていて、英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』の怪獣はこのシカのこととされている。化石としてはアイルランドの泥炭地で80個体以上の遺体がまとまって発見されていて、肩の高さが1.8メートル、左右の角の差し渡しが4メートルにも及ぶ巨大な角をもっていたことがわかる。elk(ヘラジカ)とよばれることもあるが、スカンジナビアから東シベリア、また、カナダの森や沼沢地でみられるヘラジカ(学名はAlces)とは別の種類のシカである。

 頭の横に伸びた角は、手を広げたような形をしていて掌状角(しょうじょうかく)とよばれ、目の上に伸びている眉枝(びし)も平板状であった。化石では、下顎(かがく)の骨が厚いので容易に区別できる。

 日本列島の各地からも角や骨の化石が発見されていて、岐阜県郡上八幡(ぐじょうはちまん)(郡上市八幡町)の熊石洞(くまいしどう)や山口県の秋芳洞(あきよしどう)からは、全身骨格の化石が発掘されている。日本のオオツノシカは、ヤベオオツノシカとよばれ、やや小形の固有種である。

[亀井節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android