コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオトカゲ Varanidae; monitor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオトカゲ
Varanidae; monitor

トカゲ目オオトカゲ科に属する動物の総称。1属 30種から成る。現生のトカゲのなかでは体が最も大きくなり,最大種コモドオオトカゲでは全長 3mに達するが,なかには 30cmに満たないものもある。胴は大きく,尾は細長い。四肢はよく発達し,強力な爪をそなえている。舌はふたまたに分れ,餌をまるのみにする。尾は再生しない。すべて肉食性で,小動物を捕食する。アフリカ,アラビア半島,アジア南部,オーストラリアなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オオトカゲ

オオトカゲ科の総称。30種ほどが知られ,大半は1mを超える。マライオオトカゲは全長2.5m,東南アジア,華南に分布し,森林や草原にすむ。尾の力は強く,防御に役だつ。
→関連項目トカゲ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオトカゲ【monitor】

トカゲの最大種を含むオオトカゲ科Varanidaeのトカゲ類31種の総称。大型ではあるがふつうは人に対して危険でなく,すべて無毒。“陸のワニ”と呼ばれるコモドオオトカゲVaranus komodoensis(英名Komodo dragon)(イラスト)の全長3mをはじめ,1~2m級の大型種が大半を占める。31種が北部を除くアフリカ,小アジア,アジア南部およびオセアニアに分布している。容姿が恐竜時代の爬虫類をほうふつとさせるが,事実オオトカゲ類の起源は古く,オーストラリアからは5mに達する鮮新世時代の化石種も知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオトカゲ
おおとかげ / 大蜥蜴
monitor

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目オオトカゲ科に属するトカゲの総称。この科Varanidaeは大形トカゲの大部分を含むグループで、約31種がアフリカ、小アジア、熱帯アジア、オセアニアに広く分布する。化石種には5メートルに達するものもあったが、現生種の最大はコモドオオトカゲVaranus komodoensis、ニューギニアオオトカゲV. salvadoriiの全長約3メートルで、後者には4メートルを超えるものがあるといわれる。また同属Varanusには全長50センチメートル以下の小形種も含まれ、オーストラリア産のミジカオオオトカゲV. brevicaudaなどは全長わずか20~30センチメートルにすぎない。オオトカゲは頭骨の構造などヘビとの類似点があり、舌も細長くて先が二つに分かれる。頭部は細長くて、力強いあごと歯がある。四肢が発達して太く、指には鋭いつめがあり、尾は長く強力で自衛の武器となり、獲物を打ち倒すにも役だつ。森林、草原、砂漠に穴を掘ってすむが、木にも登り、好んで水に入る。餌(えさ)は昆虫、小動物、鳥、ワニの卵などである。細かい鱗(うろこ)と美しい斑紋(はんもん)が皮革製品の材料として重用されてきたが、数が減少し、現在ではすべての種が保護の対象となっている。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオトカゲの関連キーワードヌサトゥンガラティムール州スンゲイブロウ湿地保護区ニオコロジュッジ国立鳥類保護区仮面ライダーアマゾン蜥蜴・蝘蜓・石竜子カオヤイ国立公園マレーオオトカゲナイルオオトカゲミズオオトカゲルンピニー公園ブッシュフードコモド国立公園インドネシアタマンブルンコモド大蜥蜴パダール島ナウハン湖リンチャ島ナイルワニ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオトカゲの関連情報