コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオハシモズ オオハシモズ Vangidae; vangas

3件 の用語解説(オオハシモズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオハシモズ
オオハシモズ
Vangidae; vangas

スズメ目オオハシモズ科の鳥の総称。21種からなり,全長 12~32cm。ほとんどの種がマダガスカル島にのみ分布するが,ルリイロマダガスカルモズ Cyanolanius madagascarinusアフリカ本土との間のコモロ諸島にも生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オオハシモズ

スズメ目オオハシモズ科の鳥の1種,または同科の鳥の総称。オオハシモズEuryceros prevostii(英名hermet‐bird)は全長約28cm。背面と中央尾羽が赤褐色で,その他は黒色である。くちばしは左右に平たく,上くちばしが非常に大きい。マダガスカル島北部の森林にすみ,樹上で大型の昆虫類およびカエルなどを捕食する。オオハシモズ科Vangidaeは8属12種の小鳥を含み,マダガスカルの特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオハシモズ
おおはしもず / 大嘴鵙
vanga shrike

鳥綱スズメ目オオハシモズ科に属する鳥の総称。同科Vangidaeには13種が知られている。いずれもマダガスカル島にのみ産する特産種で、マダガスカルモズ科とよばれることもある。嘴(くちばし)は大きく先は鉤(かぎ)形になっていて、足も強い。マダガスカル島は三畳紀以前にアフリカ大陸から分離したと思われるので、オオハシモズもアフリカ産のヤブモズ類あたりと近いものから種が分化してきたと考えられている。森林にすむ鳥で、多くは木のこずえ近くに群れで生活し、昆虫類や小動物を食べている。一般にオオハシモズあるいはマダガスカルモズとよばれている種はEuryceros prevostiiで、鉛色の大きな嘴、黒色の頭、褐色の体をし、全長28センチメートルほどの鳥である。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオハシモズの関連キーワード鳴禽類大嘴楓鳥猿子紅雀百舌ムクドリ(椋鳥)ヒバリ(雲雀)モズ(百舌∥鵙)ヤブモズ(藪百舌)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone