コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカヒジキ

5件 の用語解説(オカヒジキの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

オカヒジキ

 [Salsola komarovii].ミルナともいう.ナデシコアカザ科オカヒジキ属の一年草.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オカヒジキ

ミルナとも。アカザ科の一年草。日本全土,東アジアヨーロッパ南西部に分布し,海岸の砂地などにはえる。茎は長さ30cm内外で,基部から多数枝分かれして広がり,円柱形肉質で先が針状にとがった葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食の医学館の解説

おかひじき【オカヒジキ】

《栄養と働き&調理のポイント
 シベリア、中国、日本が原産地のアカザ科の1年草で、旬(しゅん)は夏から初秋です。
 海草のヒジキに似ていることからこの名がつきました。
 わが国では海岸の砂地に自生しており、江戸時代から食用にされています。
○栄養成分としての働き
 カロテン、ビタミンC、カリウムが豊富で、カルシウムマグネシウムといったミネラルバランスよく含んでいます。
 カリウムは100g中680mg、カルシウムは150mg、マグネシウムは51mg含んでおり、有効なミネラル源となります。カリウムは不要なナトリウムを排泄(はいせつ)するので、高血圧の予防・改善に役立ちます。
 カルシウムは、骨を丈夫にする成分です。調理の際は、ちりめんじゃこなどと煮びたしにするのがおすすめです。ビタミンDの働きでカルシウムの吸収率が高まります。
 カロテンの含有量もコマツナなみで、活性酸素を抑え、免疫力を高めてくれます。葉緑素との相乗効果で皮膚も丈夫になり、かぜをひきにくくします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

オカヒジキ【Salsola komarovii Iljin】

古くから食用野草として利用されているアカザ科の一年草。緑色の茎に円柱形で多肉の葉が互生し,海藻のヒジキ,ミルに似ているところから名がつき,オカミル,ミルナともいう。日本の至るところの海岸の砂地に自生し,また朝鮮,中国,シベリアからヨーロッパ南西部にも分布している。真夏には直径約1mの大株になり,葉腋(ようえき)に淡緑色の花をつける。秋には2枚のとげ状の苞に包まれた種子が一つあって果実となる。品種の分化はみられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカヒジキ
おかひじき / 陸鹿尾菜
[学]Salsola komarovii Iljin

アカザ科の一年草。茎は高さ30~40センチメートルで著しく分枝する。葉は肉質で線状円柱形、先は針状にとがり、長さ1~2.5センチメートル。花期は7~10月、花は腋生(えきせい)し無柄で淡緑色。小包葉2枚、花被(かひ)5枚、小包葉は花期後に肥厚して軟骨質となり、上部は鋭くとがる。腋果は倒円錐(えんすい)形で径2ミリメートル、中に種子1個がある。北海道、本州、四国、九州の海岸砂地に生え、朝鮮、中国、ウスリー、樺太(からふと)(サハリン)にも分布する。若葉はゆでて食用とする。名は陸地に生えるヒジキの意味。葉がミル(ミル科の海藻)に似るので、ミルナの名もある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカヒジキの関連キーワードブレークポイントおからポイント活字ポイントガードポイント・カラーポイント制ボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オカヒジキの関連情報