コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガリョフ オガリョフOgarëv, Nikolai Platonovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オガリョフ
Ogarëv, Nikolai Platonovich

[生]1813.12.6. ペテルブルグ
[没]1877.6.12. イギリス,グリニッジ
ロシアの詩人,評論家,革命運動家。裕福な地主の家庭に生れ,1825年のデカブリストの蜂起に強い衝撃を受け,政治思想の方向を決定した。 32~33年モスクワ大学に学び,親友の A.ゲルツェンとともにユートピア社会主義に傾倒したが,1830年代の終り頃には唯物論に傾斜していった。 34年と 50年の2回にわたり,革命運動に参加したかどで検挙され,シベリアへ流刑。 56年ロンドンへ亡命,ゲルツェンとともに雑誌『北極星』 Polyarnaya zvezda (1855~69) ,定期紙『鐘』 Kolokol (57~67) を発行,革命的な詩を連載したり,ロシア向け革命文書を発行するなどの活動を行なった。おもな詩作品に『居酒屋』 Kabak (41) ,『百姓家』 Izba (42) ,『モノローグ』 Monologi (44~47) ,『自由』 Svoboda (58) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オガリョフ【Nikolai Platonovich Ogaryov】

1813‐77
ロシアの詩人,ジャーナリスト。ゲルツェンの終生の友。モスクワ大学在学中フランス社会主義思想を学ぶ。1834年に反政府的言動のかどで逮捕・流刑された。56年以降はロンドンでゲルツェンの出版活動に協力,《コロコル》誌を舞台として農民の土地付き解放を主張して初期のナロードニキに影響を与えた。秘密結社〈土地と自由〉の名称と綱領は彼の論文に多くを負っている。自領の農民を無償で解放したことでも知られる。連作《モノローグ》(1847)等で憂愁を含んだロマン主義的作品を数多く書き,40年代を代表する詩人の一人に数えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オガリョフ
おがりょふ
Николай Платонович Огарёв Nikolay Platonovich Ogaryov
(1813―1877)

ロシアの詩人、革命的民主主義者。11月24日、富裕な地主貴族の子として生まれる。少年時代にゲルツェンを知り、2人の友情は生涯続いた。1830年モスクワ大学に入学、ゲルツェンらとフランスの空想的社会主義を研究するサークルをつくったが、1834年逮捕され、4年間の流刑に処せられた。1856年国外へ脱出し、翌1857年ロンドンでゲルツェンとともに自由ロシア出版所を設立、革命的な新聞『鐘(コロコル)』を出版して、専制と農奴制を攻撃した。詩人としては叙情的な作風のなかに自由と民主主義を求めた。1877年5月31日ロンドン郊外に没したが、その遺骨は1966年3月モスクワに移された。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オガリョフの関連キーワードレールモントフザーパドニキネチャーエフバクーニンボトキン亡命文学西欧派余計者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android