コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガリョフ オガリョフ Ogarëv, Nikolai Platonovich

3件 の用語解説(オガリョフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オガリョフ
オガリョフ
Ogarëv, Nikolai Platonovich

[生]1813.12.6. ペテルブルグ
[没]1877.6.12. イギリスグリニッジ
ロシアの詩人,評論家,革命運動家。裕福な地主の家庭に生れ,1825年のデカブリストの蜂起に強い衝撃を受け,政治思想の方向を決定した。 32~33年モスクワ大学に学び,親友の A.ゲルツェンとともにユートピア社会主義に傾倒したが,1830年代の終り頃には唯物論に傾斜していった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オガリョフ【Nikolai Platonovich Ogaryov】

1813‐77
ロシアの詩人,ジャーナリストゲルツェンの終生の友。モスクワ大学在学中フランス社会主義思想を学ぶ。1834年に反政府的言動のかどで逮捕・流刑された。56年以降はロンドンでゲルツェンの出版活動に協力,《コロコル》誌を舞台として農民の土地付き解放を主張して初期のナロードニキに影響を与えた。秘密結社土地と自由〉の名称と綱領は彼の論文に多くを負っている。自領の農民を無償で解放したことでも知られる。連作《モノローグ》(1847)等で憂愁を含んだロマン主義的作品を数多く書き,40年代を代表する詩人の一人に数えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オガリョフ
おがりょふ
Николай Платонович Огарёв Nikolay Platonovich Ogaryov
(1813―1877)

ロシアの詩人、革命的民主主義者。11月24日、富裕な地主貴族の子として生まれる。少年時代にゲルツェンを知り、2人の友情は生涯続いた。1830年モスクワ大学に入学、ゲルツェンらとフランス空想的社会主義を研究するサークルをつくったが、1834年逮捕され、4年間の流刑に処せられた。1856年国外へ脱出し、翌1857年ロンドンでゲルツェンとともに自由ロシア出版所を設立、革命的な新聞『鐘(コロコル)』を出版して、専制と農奴制を攻撃した。詩人としては叙情的な作風のなかに自由と民主主義を求めた。1877年5月31日ロンドン郊外に没したが、その遺骨は1966年3月モスクワに移された。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オガリョフの関連キーワードゲルツェン国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議水鳥へ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone