コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキナグサ(翁草) オキナグサPulsatilla cernua(Anemone pulsatilla)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキナグサ(翁草)
オキナグサ
Pulsatilla cernua(Anemone pulsatilla)

キンポウゲ科の多年草アジア東部の温帯草原に広く分布する。日本では本州,四国,九州の低地から山地の草原にみられる。全草に白く光沢のある長毛が目立つ。地下にやや太い根茎があり,これから出る根出葉は長い柄があって2回羽状に深裂し,各裂片は細く線形をしている。春に,株の中央から 10~20cmの花茎を伸ばし,やはり絹毛でおおわれる。花茎の上部に掌状に深裂した1枚の葉 (包葉) をつけ,その先に長さ,径とも3~4cmの鐘形の花を1個やや下向きに咲かせる。花弁状の萼片6枚があり,紫褐色で外側は絹毛のために白くみえる。花後に花茎はさらに伸びて 30cmあまりにもなり,羽状に分枝する長い毛をもった痩果となる。この毛の様子を老人の髪に見立てて翁草という。なお北海道や本州中部の高山には,同属で花が淡黄色のツクモグサ P. nipponicaがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オキナグサ(翁草)【オキナグサ】

本州〜九州,東アジアの日当りのよい山中の草原にはえるキンポウゲ科の多年草。全体に白毛が密生する。根出葉は羽状複葉,小葉は細かく裂ける。春,10〜20cmの花茎を出し,1花を下向きにつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報