コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オコゼ

世界大百科事典 第2版の解説

オコゼ

おもにオニオコゼ科,ハオコゼ科に属する海産魚を指す。体型がグロテスクで,頭部の凹凸が激しく,しかもとげや突起物をもつものが多い。またそのとげに毒をもつものも多く,刺されると激しい痛みを感ずる。オニオコゼイラスト)以外は食用としない。【谷内 透】
[民俗]
 山の神オコゼを見ることを好むと伝えられ,山で仕事をする狩人,山師,放牧者などがこれを供えて祈願すると望みがかなうといわれている。とくに狩猟者にこの伝承が強く残り,この魚を干し固めたものを紙に包んで懐中して狩りに出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オコゼ
おこぜ / 虎魚・
devilfishgoblinfishstonefishvelvetfish

硬骨魚綱スズキ目に属するオコゼ類の総称であるが、一般にオコゼとよばれているのはオニオコゼのことである。オコゼ類の頭は一般に凹凸が激しく、顔つきがよくないので、名は「醜い」という古語に由来するといわれている。オコゼ類はメバル類やカサゴ類と近縁で、背びれが頭部の直後から始まる群と、目の上から始まる群に大別される。前群はさらに、体に鱗(うろこ)がないオニオコゼ、ダルマオコゼ、ヒメオコゼ、オニダルマオコゼなどを含むオニオコゼ科と、体が細かい多数の棘(とげ)で覆われているダンゴオコゼ、ワタゲダンゴオコゼなどを含むフサカサゴ科に分けられる。後群は、体に多数の細かい棘をもつイボオコゼ、アブオコゼ、カゴシマオコゼなどが属するイボオコゼ科と、体に棘がないハオコゼ、ハチオコゼ、ヤマヒメなどが属するハオコゼ科に分けられる。
 大部分は本州中部以南に分布し、砂地、岩礁、藻場(もば)、サンゴ礁などに生息するが、なかには北海道南部でもまれに見られるものもある。体は側扁(そくへん)して細長いもの、高い卵形のもの、やや縦扁したものまで変化に富む。一般にこの類は背びれの棘が強大で、付け根に毒腺(どくせん)をもつものが多く、刺されると激しい痛みに襲われる。オニオコゼを除いて、食用とされているものはほとんどないが、姿が奇異なので水族館では人気がありよく飼育されている。[尼岡邦夫]

オニオコゼ

オニオコゼInimicus japonicusは北海道南部以南、朝鮮半島南部、台湾、南シナ海北部に広く分布する。体は前部で上下に扁平、後部では左右に扁平である。頭の背面は上あごの中央部と目が突出し、目の前方に深いくぼみがあり、著しく凹凸が激しい。口は大きくて上を向き、頭部の側面と下あごに多くの皮弁がある。この面構えはさながら醜い鬼の面を連想させる。背びれの膜は深く切れ込むが、とくに第3棘(きょく)と第4棘の間で深い。背びれの毒性は強く、英名をデビルスティンガーdevil stinger(悪魔の棘(とげ))といい、ヨーロッパでは恐れられている。体色はすむ場所によって変化し、藻場では赤紫色、砂泥地では暗灰色、深所では赤色または黄色が強い。東京地方では黄赤色のものをとくにアカオコゼとよんで、ほかの色のものと区別している。
 水深200メートル以浅の砂泥底や藻場にすみ、昼間は砂に潜り、藻に隠れ、夜に活動する。近づいてくる魚や甲殻類などの小動物をすばやくまる飲みにする。産卵期は6月下旬から8月中旬で、直径1.3~1.4ミリメートルの分離浮性卵を産む。水温20~24℃では41時間で孵化(ふか)する。8ミリメートル前後になった仔魚(しぎょ)は、頭部に多数の棘があること、胸びれが著しく長く、背びれや臀(しり)びれの後端近くまで達すること、胸びれの後縁と下方の基部が黒いこと、尾部の前方と中央部にそれぞれ1個の大きい黒斑(こくはん)があることなどの特徴をもつ。この期の仔魚は7~9月にかけて沿岸の中底層にかなり出現する。成魚は全長25センチメートルに達する。
 定置網、底延縄(そこはえなわ)、底刺網(そこさしあみ)などで漁獲され、活魚で市場に出ることが多い。肉は白身で脂肪が少なく、刺身、から揚げ、てんぷら、吸い物、ちり鍋(なべ)などにするとおいしい。背びれの棘には猛毒があり、刺されると激しく痛み、腫れて赤くなり、ひどい場合にはけいれんや呼吸困難がともなう。[尼岡邦夫]

民俗

「山の神にオコゼ」とは、好物を見て喜ぶさまをいうが、山の神信仰とオコゼの関係は古く、室町時代の『御伽草子(おとぎぞうし)』にもみえる。それは、山の神が醜女(しこめ)なので、オコゼを見ると、自分よりも醜いものがあったと喜ぶとか、またオコゼの棘が魔除(まよ)けや、病気を治したり失(う)せ物を発見するのに呪力(じゅりょく)があるとか、子供の食い初(ぞ)めの膳(ぜん)につければ一生涯、魚の骨がのどにささらないとか、美味な魚なので山の神の神饌(しんせん)に用いられたなどと、さまざまに伝えられているが、その理由ははっきりしない。また山の神の祭りにオコゼを必要とする地方は多く、三重県尾鷲(おわせ)市などでは、懐(ふところ)に入れたオコゼを、神さまにちらりと見せて氏子一同で大笑いしたり、猟師がオコゼを懐中にして猟に出て「獲物を授けて下さればみんな見せます」と出すまねをして山の神に祈願する。
 なお、山の神が好むオコゼには山オコゼと海オコゼがあり、山オコゼとは、陸産のキセルガイやイタチ、マムシ、毛虫など気味の悪い動物をさす場合もある。[矢野憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオコゼの言及

【オニオコゼ】より

…カサゴ目オニオコゼ科の海産魚(イラスト)。単にオコゼと呼ばれることが多い。…

※「オコゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オコゼの関連情報