コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセルガイ Clausiliidae; door snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセルガイ
Clausiliidae; door snail

軟体動物門腹足綱キセルガイ科の巻貝の総称。陸産。殻は細長い紡錘形で,多くは褐色。すべて左巻きで巻き数が多い。殻口は卵形,殻口縁に主板,前板などの突起があり,さらに内側には細い腔襞があってそこにスプーン形の石灰板 (閉弁) があり,これがふたの役目をする。雌雄同体。多くは卵胎生であるが,卵生のものもある。日本に約 120種が分布しており,木の洞や落ち葉の下の礫間にすむ。本科のナミギセル Stereophaedusa japonicaは殻高 2.5cm,殻幅 0.7cmで本州と四国および九州の一部に,オオギセル Megalophaedusa martensiは殻高 4.5cm,殻径 1cmの日本最大種で,関東地方の山地から近畿,中国地方に,ナミコギセル Euphaedusa tauは殻高 1.5cm,殻径 0.3cmの小型種で,本州,四国の一部,九州にそれぞれ分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キセルガイ

キセルガイ科の陸産巻貝の総称。日本には100種以上。日本産の殻はすべて左巻き。一般に紡錘形。殻口は卵形でその奥にひだが1〜3本ある。また殻口のスプーン形の閉弁は軟体を引き入れると閉じて,ふたの役をする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キセルガイ
きせるがい / 煙管貝

軟体動物門腹足綱キセルガイ科に属する巻き貝の総称。この科Clausiliidaeはすべての種が左巻きの陸産種で、巻き数も多く紡錘形、体層は多少狭くなり鉈豆(なたまめ)きせるを連想させる。多くは褐色で、殻口と殻内は白く、上板、下板、下軸板などのひだがある。殻口内にはそのほかにスプーン形の閉弁とよばれる石灰板があるが、これは体を殻内に退縮するとき蓋(ふた)のように殻口を閉じる働きをする。また別に主襞(ひだ)、上腔(こう)襞、月状襞、下腔襞など多くの畝(うね)状の構造があり、これらの形状、数、配置が分類上の重要な標徴となる。
 多くの種類は木の洞や落ち葉の下などにすみ、それらの腐植質をなめ取る。軟体の外形はカタツムリ類と似ている。雌雄同体で、胎生種が多く、幼貝を数個産むが、ミカドギセルガイTyrannophaedusa mikadoなどは卵生で卵を産む。キセルガイ科は日本に約140種が知られているが、主要な種は次のとおりである。
 ナミギセルガイStreophaedusa japonicaは本州と四国、ならびに九州の一部に分布し、平地にすむ。殻高25ミリメートル、殻径7ミリメートル。オオギセルガイMegalophaedusa martensiは東海地方から近畿、中国地方にまですみ、殻高45ミリメートル、殻径10ミリメートルに達する日本最大の種。ナミコギセルガイEuphaedusa tauは本州と四国の一部にすみ、殻高15ミリメートル、殻径3ミリメートルの小形種である。ヒカリギセルガイZapticopsis buschiは東北、関東に多く、ツムガタギセルガイHemiphaedusa pinguisは本州西部、四国の一部に多い。スグヒダギセルガイZaptyx strictalunaは九州に多い小形種。ヒロクチコギセルガイReinia variegataは本州から九州までの海岸の低木樹上性で、殻の黄色が美しい。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キセルガイの関連キーワードMegalophaedusa martensiStereophaedusa japonicaEuphaedusa tau真木真昼県立自然公園キセルガイ(煙管貝)シーボルトコギセルキセルガイモドキ九州並子煙管擬紡錘形煙管大滝小煙管擬煙管貝キセル貝土壌動物松島煙管守屋煙管細姫煙管並小煙管播磨煙管尻折煙管帝釈煙管

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キセルガイの関連情報