オスマン(1世)(読み)おすまん(英語表記)Osman Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オスマン(1世)
おすまん
Osman
(1258/59―1326)

オスマン帝国の創建者(在位1299~1326)。オスマンの首長エルトゥルル・ベイの子。古文献ではオスマン・ガーズィとよばれた。アナトリア(小アジア)北西部を流れるサカルヤ川の支流カラスー渓谷に臨むソユトの地に生まれる。人物や経歴については伝説的要素が多い。父の後を継いで族長となり、ウジ・ベイ(辺境騎馬武装集団の指導者)として隣接するビザンティン領を攻略し、しだいに地域と人口を拡大、1299年イェニ・シェヒールに本拠を移して建国事業に着手した。重要都市ブルサ(小アジア西部)を攻略中に急死。[三橋冨治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android