コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オセロット Leopardus pardalis; ocelot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オセロット
Leopardus pardalis; ocelot

食肉目ネコ科体長 90~130cm,尾長 30~40cm,体重 10~16kg。体は淡褐色の地に黒色斑紋がある。森林にすみ,おもに夜間,中・小型の哺乳類鳥類爬虫類捕食する。木登り泳ぎもうまいが,食物は地上で捕えることが多い。アメリカではペットとして飼われる。岩穴大木の樹洞などで子を産むが,1腹子数は2子である。アメリカ合衆国南部,中央・南アメリカ分布し,森林や藪地にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オセロット

食肉目ネコ科の哺乳(ほにゅう)類。体長65〜97cm,尾27〜40cmほど。黄褐色の地に黒褐〜黒色の斑紋が並ぶ。北米南部〜アルゼンチン北部に分布。木登り,泳ぎがうまく,サルや鳥を捕食。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

オセロット【Ocelot】

アメリカ合衆国南部からアルゼンチン北部に分布しているネコ科の小型野生種。体長55~97cm。尾長28~45cm。オレンジがかった黄の地色に、黒色の縞模様と斑紋をもつ。木登りや泳ぎが得意である。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オセロット【ocelot】

毛色が美しい中型の食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。アメリカ合衆国のオクラホマアリゾナの南部からアルゼンチン北部までの森林地帯に分布。体長65~100cm,尾長27~45cm,体重9~18kg。体はがんじょうで四肢が太く,耳介はまるく,その後面は黒く中央に1白斑がある。体毛は短く砂色または黄~赤褐色,胴には黒で縁取られた暗色斑があり,体側ではつながって,後下方に走る鎖,または帯を形成する。頭と四肢には黒点,ほおには2本の黒線,尾には黒色の帯状輪状の斑紋がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オセロット【ocelot】

ネコ科の哺乳類。体長1メートルに達し、尾は40センチメートルほど。黄色地に黒色で縁どられた褐色の縦長で帯状の斑がある。森林にすみ、小形の鳥獣を捕食する。敏捷で気が荒いが、飼育するとよくなれる。北アメリカ南部からアルゼンチン北部にかけて分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オセロット
おせろっと
ocelot
[学]Leopardus pardalis

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。北アメリカ南部から中央アメリカを経てブラジル南部、アルゼンチン北部までの森林に生息する。体長65~95センチメートル、尾長25~45センチメートル、体重16キログラムほどである。体色は変化に富むが、多くは灰褐色または黄褐色で、黒褐色の大きな帯状斑(はん)が縦に並ぶ。普通単独で生活するが、雄雌2頭でいることも多い。木登りが巧みで、樹上でサルや鳥類もとるが、おもに林の中の地上でネズミ、パカ、アグーチ、ヤマアラシ、小形のシカ、トカゲなどを捕食する。泳ぎも巧みである。繁殖期は熱帯地方では一定していないといわれる。妊娠期間は約70日で、1産2~4子。寿命は飼育下で17年以上。気が荒いが、飼育するとよくなれ、ペットとされることが多い。毛皮は模様が美しく高価であるため乱獲され、絶滅が心配されている。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オセロットの関連キーワードマチュロス・カティオス国立公園ゴールデンキャットダリエン国立公園マヌー国立公園シアンオシキャットアマゾン川伊与勢我無ヤマネコマーゲーアグーチマーゲイ山猫鳥獣褐色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android