コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オセロット オセロット Leopardus pardalis; ocelot

7件 の用語解説(オセロットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オセロット
オセロット
Leopardus pardalis; ocelot

食肉目ネコ科。体長 90~130cm,尾長 30~40cm,体重 10~16kg。体は淡褐色の地に黒色斑紋がある。森林にすみ,おもに夜間,中・小型の哺乳類,鳥類,爬虫類を捕食する。木登りも泳ぎもうまいが,食物は地上で捕えることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オセロット(ocelot)

ネコ科の哺乳類。体長65~95センチ、尾長25~45センチで、体にはヒョウに似た斑点がある。南北アメリカの森林に分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オセロット

食肉目ネコ科の哺乳(ほにゅう)類。体長65〜97cm,尾27〜40cmほど。黄褐色の地に黒褐〜黒色の斑紋が並ぶ。北米南部〜アルゼンチン北部に分布。木登り,泳ぎがうまく,サルや鳥を捕食。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

オセロット【Ocelot】

アメリカ合衆国南部からアルゼンチン北部に分布しているネコ科の小型野生種。体長55~97cm。尾長28~45cm。オレンジがかった黄の地色に、黒色の縞模様と斑紋をもつ。木登りや泳ぎが得意である。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オセロット【ocelot】

毛色が美しい中型の食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。アメリカ合衆国オクラホマアリゾナの南部からアルゼンチン北部までの森林地帯に分布。体長65~100cm,尾長27~45cm,体重9~18kg。体はがんじょうで四肢が太く,耳介はまるく,その後面は黒く中央に1白斑がある。体毛は短く砂色または黄~赤褐色,胴には黒で縁取られた暗色斑があり,体側ではつながって,後下方に走る鎖,または帯を形成する。頭と四肢には黒点,ほおには2本の黒線,尾には黒色の帯状か輪状の斑紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オセロット【ocelot】

ネコ科の哺乳類。体長1メートルに達し、尾は40センチメートルほど。黄色地に黒色で縁どられた褐色の縦長で帯状の斑がある。森林にすみ、小形の鳥獣を捕食する。敏捷で気が荒いが、飼育するとよくなれる。北アメリカ南部からアルゼンチン北部にかけて分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オセロット
おせろっと
ocelot
[学]Leopardus pardalis

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。北アメリカ南部から中央アメリカを経てブラジル南部、アルゼンチン北部までの森林に生息する。体長65~95センチメートル、尾長25~45センチメートル、体重16キログラムほどである。体色は変化に富むが、多くは灰褐色または黄褐色で、黒褐色の大きな帯状斑(はん)が縦に並ぶ。普通単独で生活するが、雄雌2頭でいることも多い。木登りが巧みで、樹上でサルや鳥類もとるが、おもに林の中の地上でネズミ、パカ、アグーチ、ヤマアラシ、小形のシカ、トカゲなどを捕食する。泳ぎも巧みである。繁殖期は熱帯地方では一定していないといわれる。妊娠期間は約70日で、1産2~4子。寿命は飼育下で17年以上。気が荒いが、飼育するとよくなれ、ペットとされることが多い。毛皮は模様が美しく高価であるため乱獲され、絶滅が心配されている。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オセロットの関連キーワードピューマ麝香猫山猫リビア山猫ヒョウ(豹)ベンガルヤマネコオオヤマネコ(大山猫)クロアシネコゴールデンキャットスナドリネコ(漁猫)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone