コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オックスフォード英語辞典 オックスフォードえいごじてんThe Oxford English Dictionary; OED

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オックスフォード英語辞典
オックスフォードえいごじてん
The Oxford English Dictionary; OED

権威と歴史を誇る英語辞典OED略称される。初版は 12巻と補遣1巻からなる。12世紀半ば以後の英語(一部はさらに古い)をすべて採録することを編集方針として 1884年2月1日から 1928年4月19日にかけて刊行された『史的原理による新英語辞典』A New English Dictionary on Historical Principles(NED。全10巻)を改訂したもので,1933年に刊行された。発行元はオックスフォード大学出版局。1857年にロンドンでの言語学会で出版の提案がなされ,1879年,当時言語学会の会長だったジェームズ・マレーが主幹に就任,編集作業を開始した。マレーの後任には,ヘンリー・ブラッドリー,ウィリアム・アレクサンダー・クレーギー,チャールズ・T.オニオンズらがついた。1971年には,1933年版全12巻と補遣を 2巻に縮小した『オックスフォード英語辞典コンパクト版』The Compact Edition of the Oxford English Dictionaryが刊行された。また OED刊行後に英語圏で用いられるようになった語の収集が 1955年 R.W.バーチフィールドを主幹として開始され,『オックスフォード英語辞典補遣』A Supplement to the Oxford English Dictionary(全4巻,1972~86)として刊行された。1989年『オックスフォード英語辞典』第2版(OED2。全20巻)が,ジョン・A.シンプソンとエドマンド・S.C.ウィーナーを共同編者として刊行された。1992年には CD-ROM版が発行された。1993年と 1997年に増補 2巻が刊行され,第3版刊行に向けての全面改訂作業が始まった。この作業の経過および第2版とその補遣はウェブサイトで公開されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オックスフォード‐えいごじてん【オックスフォード英語辞典】

The Oxford English Dictionary》オックスフォード大学出版局発行の英語辞典。初版刊行は1884~1928年。当初は『新英語辞典(NED)』と称された。1989年第2版(全20巻)発行。略称、OED。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オックスフォード英語辞典【オックスフォードえいごじてん】

オックスフォード大学出版局刊行の,最高最大の英語辞典。The Oxford English Dictionary(略称OED)。各語の語形とその語義を歴史的にさかのぼって用例をもって示し,辞典編集の規範といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オックスフォードえいごじてん【オックスフォード英語辞典 The Oxford English Dictionary】

現在までのところ最高最大の英語辞典。OEDあるいはNED(A New English Dictionary on Historical Principles)とも呼ばれる。企画は1858年に立てられ,H.コールリジ,F.J.ファーニバルが編集に当たるが,推進力になったのはマレーJames Augustus Henry Murray(1837‐1915)である。79年に彼が編集主任となり,84年に第1巻を刊行,最終巻の第12巻刊行は1928年である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オックスフォードえいごじてん【オックスフォード英語辞典】

1884年に刊行が始まった世界最大の英語辞典。第二版(全二〇巻)は1989年刊。語源説明と用例が特に充実。旧称 NED 。略称 OED 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のオックスフォード英語辞典の言及

【辞書】より

…しかし,この大辞典の実現には幾多の障害があり,マレーJames Augustus Henry Murray(1837‐1915)が編集主幹となって第1分冊を刊行したのが1884年,その後3名の編集者を加え,本巻の完成をみたのは44年後の1928年であった。その後33年には本文12巻に補遺1巻を加え,《オックスフォード英語辞典》(OED)として揺るぎない地位を占めている。収録語数約42万,1150年以後の語はすべて収録し,16世紀以前については当時利用できる全作家の作品から用例を収集することを目標としたという。…

※「オックスフォード英語辞典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オックスフォード英語辞典の関連キーワードオックスフォード・ワード・オブ・ザ・イヤージョン・ロナルド・リュール トールキンポスト・トゥルース(脱真実)ポスト・トゥルースコーパス言語学トールキンチップ旧称失業

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オックスフォード英語辞典の関連情報