オットマン(英語表記)ottoman

  • 人名

翻訳|Ottoman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッション張りの長椅子もたれのついたものとついていないものの2種類がある。トルコで使われていた低い長椅子クッションを置いた形式に始り,18世紀後半にイギリスに導入され,部屋の壁ぎわいっぱいの長さに作りつけたり置いたりして,サロンなどに普及した。
強撚糸を用いた絹,アセテート,レーヨン,綿などの各種繊維の横うね織物 (平織変化組織) 。うねに丸みがあり厚いことが特徴。イブニングドレス,コート,スーツなどおもに婦人服地に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

太い横畝(うね)のある、絹・綿・化繊などの織物。
背の低い幅広の長椅子。1900年ころ英国で異国趣味として流行した。
背もたれのないクッションのせ台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

一人掛け用のソファーセットになった、クッション付きの足載せ台。背もたれのない、厚く詰め物をした長椅子のこともいう。似たようなものにフットスツール(footstool)があるが、日本では、ひじ掛け・背もたれのない小さな椅子も含め、すべてをスツール(stool)と呼ぶ。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

うね織物の一。絹・綿・毛などで織り、横畝が大きく、厚みがある。主に婦人服地。
背もたれのない長椅子。
足のせ台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

➀椅子(いす)やソファの前に置き、座ったときに足をのせる台。足のせ用ソファ。◇「フットスツール」ともいう。
➁背もたれのない低いクッションつきの長椅子。18世紀にトルコ(オスマン帝国)からイギリスに伝わった。◆「トルコ人」の

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ottoman 「オットマン帝国」からトルコ人、トルコ風の意)
① 長いすの一種。背がなく、厚く詰め物をしたもの。〔新しき用語の泉(1921)〕
② 足をのせる台。
③ 布地の織り方の一つ。横うねのある織り縞(じま)がある。婦人服地に用いられる。
※波(1928)〈山本有三〉子「『君、この服、なんての。柔かで、軽そうだね』『え。オットマンての〈略〉』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオットマンの言及

【オスマン帝国】より

…1299‐1922年(図)。正称アーリ・オスマンĀl‐ı Osman(〈オスマンの家〉の意),英語ではオットマンOttoman帝国。公用語はオスマン・トルコ語。…

※「オットマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オットマンの関連情報