オットレ石(読み)オットレせき(英語表記)ottrelite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロリトイド(硬緑泥石)と同型の鉱物。2価の金属イオンのうち、マンガンがもっとも卓越するものをこの名でよぶ。クロリトイドに比べると産出はきわめてまれである。かつて日本の変成岩からの産出が報告されたことがあるが、化学分析値からはクロリトイドに同定される。原産地のベルギー、オットレOttrezでは、粘板岩を切る石英脈の縁(ふち)に葉片状の結晶として産する。名称は原産地にちなむ。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例