コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットレ石 オットレせき ottrelite

2件 の用語解説(オットレ石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オットレ石
オットレせき
ottrelite

オットレライトともいう。マンガンに富む硬緑泥石類似の鉱物でクロリトイド族 (Fe,Mn,Mg)Al2SiO5(OH)2 の一種。緑灰色ないし黒色の六角板状結晶で千枚岩中に産する。比重 3.3,硬度6~7。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オットレ石
おっとれせき
ottrelite

クロリトイド(硬緑泥石)と同型の鉱物。2価の金属イオンのうち、マンガンがもっとも卓越するものをこの名でよぶ。クロリトイドに比べると産出はきわめてまれである。かつて日本の変成岩からの産出が報告されたことがあるが、化学分析値からはクロリトイドに同定される。原産地ベルギー、オットレOttrezでは、粘板岩を切る石英脈の縁(ふち)に葉片状の結晶として産する。名称は原産地にちなむ。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オットレ石の関連キーワード水マンガン鉱軟マンガン鉱クロリトイドラテライト性マンガン鉱床スパルタイトマンガノライトカタンガ岩カムペライトノッパイト岩オットレライト

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone