コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヒョウ オヒョウ Ulmus laciniata

6件 の用語解説(オヒョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヒョウ
オヒョウ
Ulmus laciniata

ニレ科の落葉高木で,本州中部より北の日本の山地に生じる。葉は左右不対称な倒卵形で長さ 10~15cmあり,上部が大きく3つに裂け,各裂片の先は長く尾のように伸びてきわめて特徴ある葉形をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オヒョウ
オヒョウ
Hippoglossus stenolepis; Pacific halibut

カレイ目カレイ科の海水魚。カレイ類では最も大型で,全長 2.7m,体重 270kgに達する。体は左右不相称で,両眼とも体の右側にある。体の有眼側は暗褐色,無眼側は白色。肉は淡泊で美味。北海道カムチャツカ半島アラスカ沿岸に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

オヒョウ

 [Hippoglossus stenolepis].カレイ目カレイ科の海産魚.全長1mから最大2.5mになる.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オヒョウ【Ulmus laciniata (Trautv.) Mayr】

北地の渓流沿いに生えるニレ科ニレ属の落葉高木。しばしば葉の先端が特徴的に3~5裂する。高さ25mに達し,樹皮は淡灰褐色で長く剝離する。新枝の先端が枯れ落ちる。葉は2列状に互生し,左右にややゆがんだ倒卵形で,長さ7~15cm,しばしば先端が短尾状に3~5浅裂し縁に鋭い鋸歯を生じ,両面に短い剛毛があってざらつく。4~5月,葉より早く前年の枝に紅色の花が群がって咲き,各花には5~6浅裂した鐘形の萼の内側に5~6本のおしべと花柱の2裂しためしべがある。

オヒョウ【Pacific halibut】

カレイ目カレイ科の海産魚(イラスト)で,北太平洋に広く分布し,日本では,東北・北海道沿岸の小石の多い100m以深の海底に生息する。カレイ類中最大の魚で,雄では全長1.4m,体重180kg,雌では全長2.6m,体重270kgにもなる。体は他のカレイ類より細長く,口が大きく尾びれの後縁が湾入している。体色は淡褐色で乳白色点と暗黒色の不定形斑紋が散在する。冬季に300~400mの海底で産卵する。卵径は3~4mmで他のカレイ類の1mm前後と比べてきわめて大きく,数も130万~350万粒と多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オヒョウ

〔アイヌ語オピウ(樹皮の意)から〕
ニレ科の落葉高木。北日本の山地に生える。葉は倒卵形で上端はしばしば三裂する。春に淡黄緑色の小花を束状につけ、秋に楕円形の翼のある小果を結ぶ。アイヌはこの樹皮の繊維からアツシの材料をとる。ヤジナ。ネバリジナ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オヒョウの関連キーワードソウハチマガレイヤナギムシガレイカレイアサバガレイオオグチガレイカラスガレイコガネカレイホシガレイ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オヒョウの関連情報