オピニオン・リーダー(読み)おぴにおんりーだー(英語表記)opinion leader

翻訳|opinion leader

日本大百科全書(ニッポニカ)「オピニオン・リーダー」の解説

オピニオン・リーダー
おぴにおんりーだー
opinion leader

世論形成に重要な役割を演ずる人物をいう。人々は自分の意見を形成するにあたって、信頼できる人物に情報や助言を求め、参考にする傾向をもっている。広義には、産業界の、○○町の、あるいは日本のオピニオンリーダーというように、特定の分野、地域社会、あるいは社会全体において、それが当面する重要な問題を喚起し、人々の意見形成に影響を与え、世論を動かす人物をいう。狭義には、社会学用語として、地域社会あるいは集団において、特定の問題に対して他の人々よりも強い興味と関心を寄せ、詳しい情報を所有する人物をいう。問題ないしは情報の領域ごとに、オピニオン・リーダーは存在する。地域社会や集団において新しい情報(イノベーションあるいは新しいアイデア)が浸透する際には、これらのリーダーが媒介の作用を演ずる。情報がオピニオン・リーダーを媒介にして社会的に伝達され、影響力を発揮する過程を、「コミュニケーションの二段階(ないしは多段階)の流れ」という。

 現代のように、マス・コミュニケーションが発達した状況のもとでは、情報はマス・メディアから直接的に一般の人々に伝達される。しかし、その情報をどのように判断し、解釈し、そして行動すればよいかの情報は、マス・メディアから得られないことが多い。マス・メディアにかわって、一般の人々に助言や判断を与える人物がオピニオン・リーダーである。彼らは、社会における情報の影響力の流れを担う人物であり、問題ないしは情報の分野ごとに異なるところから「水平的オピニオン・リーダー」とよばれ、広義のオピニオン・リーダー(垂直的オピニオン・リーダー)から区別される。

[藤竹 暁]

『E・カッツ、P・F・ラザースフェルド著、竹内郁郎訳『パーソナル・インフルエンス』(1965・培風館)』『E・M・ロジャース著、藤竹暁訳『技術革新の普及過程』(1966・培風館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オピニオン・リーダー」の解説

オピニオン・リーダー
opinion leader

ある集団のなかで,その人の意見が強い影響力をもっている指導者をいう。常識的には,マスコミを通じて社会的に発言する政治家,学者,評論家などの有名人をさす。しかしマスコミ理論の術語としては第1次集団内の意見指導者をいう。 D.カッツと P.F.ラザースフェルドが『パーソナル・インフルエンス』 Personal Influence (1964) で提出した用語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マーケティング用語集「オピニオン・リーダー」の解説

オピニオン・リーダー

特定の集団の中で他のメンバーに対して強い影響力をもつ人物のこと。
自社のブランドが特定の集団からの影響力を強く受ける場合、その集団のオピニオン・リーダーのロイヤリティ向上を図ることが重要となります。リーダーに対するダイレクトマーケティングと効果的なバイラルマーケティングや口コミの展開により急速な市場浸透を狙うことが可能です。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

流通用語辞典「オピニオン・リーダー」の解説

オピニオン・リーダー【opinion leader】

交際範囲が広く、周囲への影響力が大きい人をいう。オピニオン・リーダーを発見し、彼らと好ましい関係をつくり、人びとの購買態度の形成に協力を得ることは、有効な顧客対策になる。意図的にリーダーを作って流行操作をさせたり、クチコミによって宣伝効果を高めたりする手段に用いることがある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android