コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オミナエシ科 オミナエシかValerianaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オミナエシ科
オミナエシか
Valerianaceae

双子葉植物マツムシソウ目の1科。オーストラリアとアフリカ中央部を除く世界,特に北半球に広く分布し,約 13属 400種が知られる。多くは一年生または多年生の草本であるが,低木もまれにある。直立した茎に葉を対生またはときに根生し,葉は普通羽状に分裂する。花は普通両性で,枝先に集散花序をつくる。筒状の花冠基部にをもつものが多く,花筒内には3~4本のおしべ,細長い花柱をもった子房がある。果実は普通痩果で裂開しない。オミナエシ Patrinia,カノコソウ Valeriana,ノジシャ Valerianellaなどの諸属があり,薬草あるいは観賞用として栽培されるものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オミナエシ科
おみなえしか
[学]Valerianaceae

双子葉植物、合弁花類。一年草もしくは越年草または多年草。葉は根際につくか、茎上に対生または輪生し、托葉(たくよう)はない。花は両性または単一で小さく、左右相称で集散花序になる。花冠は漏斗(ろうと)状、筒部はしばしば下部が膨らむ。雄しべは1~4本で花冠筒部のもとにつく。子房は下位で3室となり、1室だけが結実する。果実は乾果で、種子に胚乳(はいにゅう)がない。
 世界に13属約360種が北半球と南アメリカに多く分布し、日本にオミナエシ属とカノコソウ属の2属8種があり、ノヂシャが帰化している。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オミナエシ科の関連キーワードキンレイカ(金鈴花)オミナエシ(女郎花)Valeriana丸葉金鈴花円葉金鈴花乎美奈敝之千島金鈴花高嶺女郎花西洋鹿子草乎美那閉之蝦夷金霊花カノコソウ乎美奈弊之紅葉女郎花大葉女郎花白山女郎花穿心排草美人部師娘子部四マーシュ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オミナエシ科の関連情報