オランダ流(読み)オランダリュウ

デジタル大辞泉の解説

オランダ‐りゅう〔‐リウ〕【オランダ流】

オランダ伝来、またはその系統の流儀・学問など。
「―の外科の所へやる」〈浮・万金丹・一〉
貞門(ていもん)の古風な俳諧を打破しようとした井原西鶴を中心とする一派の俳風。初め貞門一派がさげすみ用いた呼称。のちには清新奇抜を誇示する談林派一端を示す名称となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android