マンネリズム(英語表記)mannerism

翻訳|mannerism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術家が一定の技法や形式を惰性的に繰り返すだけで,独創性や新鮮みを失うこと,またその状態をいう。今日では,物事に対する現状維持的態度を意味する語として一般的に用いられている。これと語源を等しくするフランス語「マニエリスム」は,16世紀から 17世紀,ルネサンスバロックの間の時代に,美術と文学の分野に現れた特異なグロテスクな表現様式を指す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (mannerism)⸨マナリズム・マンナリズム⸩ 一定の技法、形式などが惰性的に繰り返され、型にはまって独創性や新鮮さを失うこと。また、その傾向。マンネリ。
※東京日日新聞‐明治三九年(1906)一月一日「一種のマンネリズムの〈略〉傾向を顕著にせるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンネリズムの関連情報