コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリサバ[山] オリサバ

2件 の用語解説(オリサバ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オリサバ[山]【オリサバ】

シトラルテペトル山とも。メキシコ東部,東シエラ・マドレ山脈の火山。メキシコの最高峰。標高5675m。美しい円錐型(コニーデ)の山容を示す。最近の噴火は1687年。
→関連項目シエラ・マドレ[山脈]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オリサバ[山]【Pico de Orizaba】

メキシコ中部,ベラクルス州プエブラ州との境にある同国の最高峰の火山。別名シトラルテペトルCitlaltepetleはナワ語で〈星の山〉の意。標高5699m。16世紀以来,数回の噴火が知られており,多量の噴出物を出した。1687年以降は火山活動が停止している。美しい円錐形の火山で,万年雪をいただく。山頂は,それぞれ火口をもつ三つの峰からなっている。南東約30kmに,観光・保養地オリサバ市がある。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オリサバ[山]の関連キーワードプエブラプエルトラクルスベラクルスムラートニューメキシコメキシコ銀エルタヒントゥーラ遺跡メキシカンプエブラ歴史地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone