コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルソン Olson, Charles (John)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルソン
Olson, Charles (John)

[生]1910.12.27. マサチューセッツ,ウスター
[没]1970.1.10. ニューヨーク
アメリカの詩人。ハーバード大学卒業。母校などで教え,1950年従来の西欧詩のあり方を否定して「呼吸」を重視する詩論「投射詩」 Project Verseを発表。 51~56年ノースカロライナ州のブラック・マウンテン・カレッジで教鞭をとり,ロバート・クリーリーらと雑誌『ブラック・マウンテン・レビュー』を出し,詩壇に大きな影響を与えた。詩集に『XとY』X&Y (1948) ,自分の育ったマサチューセッツ州の漁村グロスターを歌う長詩連作『マクシマス詩集』 The Maximus Poems (53~75) ,『距離』 The Distances (60) など。ほかにメルビルに与えたシェークスピアの影響を考察しつつアメリカを論じた『わが名はイシュメイル』 Call Me Ishmael (47) ,ユカタン半島でのマヤ文明調査の結果をまとめ,西欧文明を批判した『マヤ書簡集』 Mayan Letters (53) ,評論集『人間の宇宙』 Human Universe and Other Essays (65) ,父親についての思い出を記した『郵便局』 The Post Office: A Memoir to His Father (74) などがある。

オルソン
Olson,Mancur Lloyd

[生]1932.1.22. ノースダコタ,グランドフォークス
[没]1998.2.19
アメリカの経済学者。メリーランド大学教授などを歴任。社会運動や団体形成などの社会的行為を経済合理主義的動機づけによって説明することを試みた『集合行為論』 The Logic of Collective Action (1965) で知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

オルソン Ohlson, Virginia M.

1914-2010 アメリカの看護学者。
1914年10月31日生まれ。昭和22年GHQ公衆衛生福祉局看護課にはいり,24年第2代の看護課長。厚生省看護課の設置,保健婦助産婦看護婦法の制定などに力をそそぐ。27年広島原爆傷害調査委員会看護部長。同年ロックフェラー財団駐日代表となる。29年帰国。のちイリノイ大教授。2010年4月10日死去。95歳。イリノイ州出身。シカゴ大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

オルソンの関連キーワードボランタリー・グループアンドリュー ワイエスクリスティーナの世界ロバート クリーリーチャック ドマニコアンナ オルソンヨハン オルソンサンセット大通りシンセサイザーアンドロメダ…忘れられた集団12月27日シンセサイザワイエス鶴見俊輔

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルソンの関連情報