オルドス

百科事典マイペディアの解説

オルドス

中国,内モンゴル自治区南部,黄河の湾曲に囲まれた草原と砂丘の高原で,南は万里の長城に限られる。漢字では鄂爾多斯。中国人は河套(かとう)と呼ぶ。イフジュ(伊克昭)盟の大部分を占め,東部は雨量も多く,モンゴル人の遊牧地帯をなす。古く南北民族の争奪地となったが,18―19世紀に漢民族の入植が多く,現在は灌漑(かんがい)も行われ農業が盛ん。
→関連項目オルドス文化楡林

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルドス【Ordos】

中国の内モンゴル自治区南部のイフジュ(伊克昭)盟に属する地域。西,北,東を黄河によって囲まれ,南は万里の長城が境界となっている。黄河にとり囲まれた地域という意味で,中国人は河套(かとう)と称する。南が高く(1500m)北が低い(1000m)高原で,大部分が砂漠と草原の乾燥地帯である。16世紀(明代の中期)からモンゴル族オルドス部の遊牧地となったので,その名が生まれた。モンゴル高原の南延部をなしていて,古くから漢民族と北方遊牧民族との争奪地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルドスの関連情報