コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレーム Oresme, Nicole d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレーム
Oresme, Nicole d'

[生]1325頃.カーン近郊
[没]1382.7.11. リジュー
14世紀フランス最高の学者。パリで神学を学び,1356年ナバル学院長,77年リジュー司教。王シャルル5世の求めに応じてアリストテレスの『倫理学』『政治学』『経済学』を仏訳し,著書『貨幣論』 De monetaにより 14世紀経済学の第一人者の地位を占める。しかしその本領は数学的自然科学にある。フランス語を用いて著作したことと,解析幾何学の構想によってデカルト先駆をなす。また直交座標を用いて物体落下の法則を研究してガリレオに先駆し,パリ大学に広まっていた地動説に論証を与えてコペルニクスの先駆者となった。自然科学の著作に"De configurationibus qualitatum",『球体論』 Questione de sphera,『アリストテレス天地論注解』 Commentaire aux livre du ciel et du monde d'Aristoteがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

オレーム【Nicole Oresme】

1320頃~1382) フランスの聖職者・数学者・物理学者。等加速度運動の明確な理解に基づいて座標幾何学的な表現を与え、ガリレイの近代力学、デカルトの解析幾何学の先駆をなす。また、運動の相対性の把握から、コペルニクスに先立って地動説の可能性を論じたほか、分数指数を初めて用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

オレームの関連キーワード天文学史(年表)サンクラブリーアルベルツスビュリダン加速度運動物理学者自然哲学ガリレイダイイ解析学相対性

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android