コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンディーヌ オンディーヌ Ondine

4件 の用語解説(オンディーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンディーヌ
オンディーヌ
Ondine

フランスの戯曲。3幕5場。 J.ジロドゥ作。 19世紀のドイツ・ロマン派の詩人フーケの小説『ウンディーネ』 (1811) から題材を得,永遠の愛を信じて人間界に入った水の精オンディーヌと騎士ハンスの悲恋を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オンディーヌ(〈フランス〉Ondine)

ウンディーネ」に同じ。
ジロドゥーによる戯曲。3幕。1939年、パリのアテネ座にて初演。フケーの小説「ウンディーネ」を脚色したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

オンディーヌ

イギリスの振付家フレデリックアシュトンによるバレエ(1958)。原題《Ondine》。初演はロイヤル・バレエ団で、マーゴット・フォンティーン、マイケル・サムズが主演を務めた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンディーヌ
おんでぃーぬ
Ondine

フランスの劇詩人ジロドゥーの戯曲。1939年パリのアテネ座初演。演出、主演(ハンス役)ルイ・ジューベドイツの作家フケーの小説『ウンディーネ』(1811)の脚色。第1幕―漁師の娘、実は水の精オンディーヌは旅の騎士ハンスを恋し、水界の王は結婚を許すかわりに、男が心変わりしたら死ぬと警告する。第2幕―妖精(ようせい)は連れて行かれた宮廷になじめず、男も前の婚約者で王の養女ベルタに心が移り、危機を予感した彼女は自ら去る。第3幕―騎士とベルタの結婚準備中、魔物として捕らえられたオンディーヌが真情を漏らしたため、騎士は死に彼女は妖精の世界に戻る。作者独自の美しい幻想に、愛の悲劇を溶かした傑作。[岩瀬 孝]
『内村直也訳『オンディーヌ』(『ジロドゥ戯曲全集5』所収・1958・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オンディーヌの関連キーワードアシュトンラ・フィーユ・マル・ガルデコンサートフレデリック大王アッシュトン交響的変奏曲ザ・ドリームシンフォニック・ヴァリーション田園の出来事小林紀子バレエ・シアター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オンディーヌの関連情報