コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原幸子 よしはらさちこ

3件 の用語解説(吉原幸子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉原幸子【よしはらさちこ】

詩人。東京生れ。東大仏文科卒。第1詩集《幼年連祷(れんとう)》(1974年)で室生犀星賞を受賞。詩集《オンディーヌ》と《昼顔》で高見順賞受賞。《歴程》同人。新川和江と女性詩誌《現代詩ラ・メール》を創刊,編集をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原幸子 よしはら-さちこ

1932-2002 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和7年6月28日生まれ。昭和31年東大卒業後劇団四季にはいり,アヌイ「ユーリディス」の主役を演じたが,翌年退団。39年少女期への郷愁がベースの懐古的叙情を今日の言葉でうたいあげる第1詩集「幼年連祷」で室生犀星賞,48年「オンディーヌ」「昼顔」の2詩集で高見順賞,平成7年「発光」で萩原朔太郎賞をうける。その間の昭和58年新川和江と季刊詩誌「現代詩ラ・メール」を創刊した。平成14年11月28日死去。70歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉原幸子
よしはらさちこ
(1932―2002)

詩人。東京生まれ。東京大学仏文科卒業。中学時代から演劇に興味をもち、劇団四季に属したことがある。一子を産んだのち離婚、過去を「清算」するつもりで、『幼年連祷(れんとう)』『夏の墓』(ともに1964)を刊行。愛の痛みを知的に歌い上げ、前者で室生犀星(むろうさいせい)賞を受賞した。『オンディーヌ』(1972)、『昼顔』(1973)を経て、『夢あるいは……』(1976)、『夜間飛行』(1978)に至り、死、夢を凝視して、生の本質に迫る作品世界を創造。1974年(昭和49)、『オンディーヌ』『昼顔』で、高見順賞受賞。78年アイオワ大学に招かれ渡米、4か月滞在する。83年、新川和江(1929― )とともに季刊詩誌『ラ・メール』の編集を担当する(1993年、通巻40号で終刊)。この間、著作活動も意欲的に進める。1981年『吉原幸子全詩』全2巻をまとめる。さらに、詩集『花のもとにて春』『恋唄(こいうた)』(ともに1983)、『ブラックバードを見た日』『樹たち・猫たち・こどもたち』(ともに1986)、『発光』(1995。萩原朔太郎(さくたろう)賞受賞)などを刊行。エッセイ集・詩論集などに『人形嫌い』(1976)、『花を食べる』(1977)、『ちどりあ詩』(1982)、対談集『女を生きる女たち』(1985)、『今をはばたく女たち』(1988)など、また童話集『クモンの空』(1977)、『鳥の伝説』(1989)のほか訳詩集など翻訳書もある。[首藤基澄]
『『オンディーヌ 詩集』(1972・思潮社) ▽『昼顔 吉原幸子詩集』(1973・サンリオ出版) ▽『吉原幸子詩集』(1973・思潮社) ▽『魚たち・犬たち・少女たち 吉原幸子詩集』(1975・サンリオ出版) ▽『夢あるいは…… 吉原幸子詩集』(1976・青土社) ▽『人形嫌い』(1976・思潮社) ▽『花を食べる』(1977・思潮社) ▽『クモンの空』(1977・エルム新社) ▽『新選吉原幸子詩集』(1978・思潮社) ▽『夜間飛行 吉原幸子詩集』(1978・思潮社) ▽『吉原幸子全詩』全2巻(1981・思潮社) ▽『ちどりあ詩』(1982・思潮社) ▽『恋唄 吉原幸子詩集』(1983・沖積舎) ▽『吉原幸子対談集 女を生きる女たち』『吉原幸子対談集 今をはばたく女たち』(1985、1988・思潮社) ▽『女たちの恋歌――現代詩で甦る三十一文字熱き思い』(1986・PHP研究所) ▽『ブラックバードを見た日』『樹たち・猫たち・こどもたち』(1986・思潮社) ▽『マンガ百人一首』(1986・平凡社) ▽『新編花のもとにて春 詩集』(1988・思潮社) ▽『鳥の伝説』(1989・すばる書房) ▽『発光』(1995・思潮社) ▽萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち前橋文学館編・刊『「幼年連祷」から「発光」まで』(1996) ▽谷川俊太郎・大岡信編『現代の詩人第12 吉原幸子』(1983・中央公論社) ▽魔女倶楽部編著『地球(ほし)に降りた花神(ミューズ)たち』(1990・徳間書店) ▽大庭みな子著『大庭みな子対談集 やわらかいフェミニズムへ』(1992・青土社) ▽藤本英二著『現代詩の授業』(1993・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉原幸子の関連キーワード江口週小野木朝子木戸蓊佐野ぬい千野栄一二宮宏之服部ケイ百瀬宏山田信夫(2)脇村春夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉原幸子の関連情報