コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーガニック オーガニックorganic

翻訳|organic

デジタル大辞泉の解説

オーガニック(organic)

[形動]
有機体の。「オーガニックコンパウンド(有機化合物)」
化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉。「オーガニックパスタ」
インターネット上の各種サービスで、有料広告を介さないこと。検索結果で検索連動型広告を含まない部分や、ソーシャルメディアで広告を介さず配信される記事などを指す。「オーガニック検索」「オーガニックリンク」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オーガニック

オーガニックとは〈有機の〉という意味で,通常は農薬や化学肥料を使わず有機肥料によって生産された農産物をいう。アメリカでは1990年に〈有機食品生産法〉が制定され,農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに生産され取り扱われた農産物で,過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用した耕地で生産された農産物ではないこと,といった厳しい規定がなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

オーガニック【organic】

有機栽培、有機農業。また、その農産物。広く、畜産品を含めた生産物をいう場合がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーガニック
おーがにっく
organic

オーガニックとは、有機農産物およびその加工食品のこと。「有機」は生物体構成物質を意味するため、化学物質である農薬、化学肥料を使用する現代農業に対してそれらを排除し環境に配慮するということから、「オーガニック(有機)」という語を使用するようになった。世界各国にはOCIA(オーガニック農作物改良協会)をはじめ、およそ300を超えるオーガニック認定機関があり、その機関が定める一定基準をみたしてつくられたものにオーガニックという表示をすることが認められる。各認定機関により基準は異なるが、「3年以上農薬、化学肥料を使用していない農場で栽培され収穫されたもの」「オーガニックの条件をみたした原料で、添加物などを使わずにつくられた加工品」「畜産物はオーガニック農産物の飼料によって飼育され、抗生物質ホルモン剤を使用していないもの」「栽培、加工、流通などすべての段階で、認証機関などの第三者が厳しくチェックしたもの」など一定基準がある。オーガニック食品は、農薬、抗生物質、成長ホルモン、合成添加物、保存料を使用せずに栽培または加工されたもので、そのために人体に有毒なものを含まず、安心して食べられる食品である。自然の生態系を尊重した農法を採用しているため、人体にだけでなく地球にもやさしい食品であるともいえる。日本でもオーガニックに対する関心が高まり、市場にはさまざまな基準によるオーガニック製品が並んでいたが、表示の適正化を図るため、農林水産省は1992年(平成4)に有機農産物などにかかわる「青果物等特別表示ガイドライン」を定めた。さらに96年にこれを改正し、農薬や化学肥料を使わない「有機農作物」と無・減農薬で栽培した「特別栽培農作物」の二つに分類した。これは不正な表示をしても罰則規制がないなど問題の多いものであったが、ついに2000年6月に改正JAS法(正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律の一部を改正する法律」)が施行され、厳しい品質基準をもつ有機食品の検査・認証制度が発足した。アメリカ合衆国では1990年に統一基準としてOEPA(オーガニック農産物食品生産法)が承認され、オーガニックとして表示できる農作物が定義されることになった。イギリスドイツオーストラリアなど計17か国には、オーガニック食品に関する法規制がある。世界規模での統一されたオーガニック基準を定め、それに基づいて各国政府が基準の整備や認定機関の許認可を行うといった国際的な動きもみられる。[田中伶子]
『山口智洋著『オーガニック食品』(1996・日経BP社) ▽『世界のオーガニック・基準ガイド集』(1996・オーガニックバンク)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーガニックの関連情報