コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストロアジア語族 オーストロアジアごぞく Austroasiatic languages

4件 の用語解説(オーストロアジア語族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストロアジア語族
オーストロアジアごぞく
Austroasiatic languages

W.シュミットオーストロネシア語族とともにオーストリック語族を形成するとした語族。南亜語族ともいい,次の3群から成る。 (1) モン=クメール語族。 (a) モン語,クメール語 (カンボジア語) ,バナル語など,(b) チャム語,ジャライ語,ラデー語セダン語,(c) セマン語サカイ語など,(d) ニコバル語,(e) パラウン語,リアン語などサルウィン盆地の諸言語,(f) カシ語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーストロアジア‐ごぞく【オーストロアジア語族】

南アジア語族

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オーストロアジアごぞく【オーストロアジア語族】

モン-クメール語族・ムンダ諸語・ニコバル諸語など、中国の雲南、インドシナ半島からマレーシア・インド北東部にかけて分布する諸言語を含む語族。南アジア語族。アウストロアジア語族。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーストロアジア語族
おーすとろあじあごぞく

南アジア語族の意で、インドシナ半島からマレー半島インド中部にかけて点在し、同系統とみなされる諸言語。その分布に基づいて次のように下位分類される。
(1)モン・クメール語群 ビルマ(ミャンマー)南部のモン語、クメール語(カンボジア語)、カトゥ諸語(カンボジアからタイにかけてのクイ語、ベトナムからラオスにかけてのカトゥ語など)、バフナル諸語(ベトナムのマア語、カンボジアからベトナム南部にかけてのムノン語、スティエン語など)、カンボジアからタイにかけてのペル諸語がここに属するが、この(1)の言語間の親族性の密度がもっとも高い。したがってオーストロアジア語族をさして、広義にモン・クメール諸言語ということもある。
(2)マラッカ語群 別名アスリアン。マレー半島山中のセマン語、サカイ語、ジャクン語。しかしこの(2)の位置づけについては異論があり、またジャクン語のみを除く説もある。
(3)ムンダ語群 インド東部のサンターリー語、ムンダーリー語、中部のカーリア語、クールクー語など。
(4)ニコバル諸語 インド洋上のニコバル諸島の言語。従来、ビルマのサルウィン川流域からシャン諸州、タイ山地にかけてのパラウン語、ワ語、リアン語はニコバル諸語およびインドのアッサム地方のカシ語とまとめて一群とされていたが、最近は、パラウン・ワ諸語、カシ語をそれぞれ独立させて(1)に加える。そのほか、ラオスからタイにかけてのクム諸語(ユムブリ語=ピートンルアン語、クム語など)が新たに(1)に帰属せしめられた。
 このようにオーストロアジア語族は、その統一的概念とともにその分類にもまだかなりの流動性がある。ことに問題となる言語として、ベトナム語は、ベトナム北部のムオン語とともに、その語彙(ごい)的類似から(1)に含められたり、また声調をもつ点でシナ・チベット語系のタイ語群に関係づけられたりする一方、ベト・ムオン諸語としてほかからは孤立的に扱われることもある。ベトナム、カンボジアに散らばるチャム諸語(チャム語、ジャライ語、ラデ語など)は、一般にオーストロネシア語族のインドネシア語派に含められるが、オーストロアジア語族の言語を基層として、そのうえにインドネシア語派系の言語の影響を受けてできた重層的言語とする異説がある。モン・クメール語群において、語形は通常 CVC(Cは子音、Vは母音)のように単音節で、このまま語として、また接頭辞や接中辞とともに派生語をつくる(クメール語kat「切る」→k-amn-at「片」、s-kat「切り離す」、ban-kat「分ける」)。語順は主語+動詞+目的語となる。ただしムンダ語群では、接尾辞が一般に用いられ、語形も2音節が多く、語順も主語+目的語+動詞となるため、この語族から除かれることがある。オーストロアジア語族とオーストロネシア語族とをあわせてオーストリック語族とするシュミットP. W. Schmidt以降の仮説は、いまだ十分に証明されていない。[崎山 理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーストロアジア語族の関連キーワードオーストロネシア語族サモア語チャム語ミクロネシア諸語ロシュミット数マレーポリネシア語族ポリネシア諸語マレー・ポリネシア語族アウストロネシア語系諸族オセアニア語派

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone