コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オームの法則(音響学) Ohm's law (acoustics)

1件 の用語解説(オームの法則(音響学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

オームの法則【Ohm's law (acoustics)】

合成された楽音に対する空気振動は,基本波と倍音の単振動の和に分解することができる.それぞれの単振動を加成したものは,基本波(基音)の高さをもつ一つの音として耳に感じられる.オーム‐ヘルムホルツの法則*音響学の法則*呼ばれることもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オームの法則(音響学)の関連キーワード楽音共振減衰振動高調波電気振動半濁音気振りf字孔脂肪合成大気潮汐論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone