コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイワリ カイワリ Carangoides equula

4件 の用語解説(カイワリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイワリ
カイワリ
Carangoides equula

スズキ目アジ科の海水魚。全長約 35cm。体は側扁し,体高が高い。背面は緑青色,腹面は銀白色で,第2背鰭と尻鰭に黒褐色の 1縦帯がある。かなり美味。沿岸に生息し,南日本,インド太平洋海域に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カイワリ

アジ科の魚。地方名ピッカリ,メッキ,メイキなど。また各地でヒラアジの別名をもつが,シマアジも同じ名で呼ばれるので,注意が必要。体は側扁し,背びれとしりびれに黒帯が走る。
→関連項目アジ(鰺)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カイワリ【Caranx equula】

側線部にぜんごと呼ばれる楯鱗(じゆんりん)をもつスズキ目アジ科の海産魚(イラスト)。アジ類の中ではもっとも体高が高く,体が平たいので各地でヒラアジの別名をもつ。同属のシマアジ(イラスト)もこの名で呼ばれるので混同に注意が必要。カイワリには第2背びれとしりびれにやや幅の広い黒褐色の縦帯が幼魚から成魚まで存在する。体が銀白色に輝くので,関西でメッキ,メキなどとも呼ぶ。暖海系の魚で,太平洋側は金華山沖日本海側は能登付近以南に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイワリ
かいわり / 貝割
[学]Caranx equula

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。太平洋側では金華山、日本海側では能登(のと)半島以南の日本各地から南西諸島、台湾、ジャワ島海域、南アフリカ海域にかけて広く分布する。全長40センチメートルに達するが、普通は20センチメートルぐらいのものが多い。体は高く、著しく側扁(そくへん)する。臀(しり)びれの前方に2本の遊離した棘(とげ)がある。側線は強く湾曲するが、第2背びれの第15、16軟条下から後部は直走する。稜鱗(りょうりん)(ぜんご)は比較的小さく、側線の直走部の全長にわたって発達する。上下両顎(りょうがく)の歯はともに絨毛(じゅうもう)状。第2背びれと臀びれに、幅の広い黒褐色縦帯があることが外観上の大きな特徴である。幼魚では体側に6条の黒色横帯があるが、成長するにつれて不鮮明になる。底生性の魚で、底引網でよく漁獲される。豊後(ぶんご)水道や日向灘(ひゅうがなだ)などの海域では、産卵期は9~11月で、浮性卵を産む。肉は美味で、刺身、照焼きなどにする。[鈴木 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイワリの関連キーワード楯鱗ぜんご雲林なっちゃん りんごまるごとりんごパンりんご糖蜜アジ(鰺)ブリ(鰤)ムロアジ(室鰺)ユングリング家

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone