コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウリー カウリーCowley, Abraham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウリー
Cowley, Abraham

[生]1618. ロンドン
[没]1667.7.28. サリー,チーシー
イギリスの詩人。 15歳でスペンサーにならった『詩花集』 Poeticall Blossomes (1633) を書く早熟さを示し,ケンブリッジ大学在学中に牧歌劇『恋のなぞ』 Love's Riddle (38) ,清教徒攻撃の喜劇『保護者』 The Guardian (41) を出した。 1643年内乱のためケンブリッジを追われ,45年パリへ逃亡,王妃ヘンリエッタ・マリアの秘書官となり,困難な外交任務についた。 56年王党派のスパイとして帰国,投獄された。保釈後オックスフォード大学で医学を学んだ。王政復古後は志を得ず,チーシーに隠棲した。最後の形而上詩人といわれ,恋愛詩集『恋人』 The Mistress (47) ,未完の叙事詩ダビデ讃』 Davideis (56) ,『ピンダロスオード』 Pindarique Odes (56) などがある。散文の名手としても知られ,『散文および韻文によるエッセーEssays in Verse and Prose (68) がある。

カウリー
Cowley, Malcolm

[生]1898.8.24. ペンシルバニア,ベルサノ
[没]1989.3.27. コネティカット
アメリカの批評家,詩人。第1次世界大戦に衛生隊員としてフランスにおもむき,1920年にハーバード大学卒業。その後再びパリに渡り,23年帰国。 29~44年『ニュー・リパブリック』誌の編集にたずさわる。みずからもその一人である「失われた世代」についてのすぐれた証言『亡命者帰る』 Exile's Return: A Narrative of Ideas (1934,51改訂) ,評論集『文学的状況』 The Literary Situation (54) ,『窓多き家』A Many-Windowed House (70) などのほか,フォークナー再評価の契機となった『ポータブル・フォークナー』 The Portable Faulkner (46) をはじめとする多くの編著,詩集『青いジュニアタ』 Blue Juniata (29) ,『乾期』 The Dry Season (42) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カウリー

米国の詩人,批評家。第1次大戦に従軍,のち〈ロスト・ジェネレーション〉の1人としてパリでダダイストたちと交遊。一時,左翼思想に近づく。半自伝的な評論《亡命者帰る》(1934年,改訂1951年)のほか,フォークナー再評価に貢献した《ポータブル・フォークナー》(1946年)で名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カウリー【Abraham Cowley】

1618‐67
イギリスの詩人,劇作家,随筆家。Cooleyなる自署が発見されているので,クーリーと呼ぶべきだとの説もある。王党派・英国国教会派寄りの保守的な思想を奉じ,ピューリタン革命で母校ケンブリッジ大学を追われてフランスに亡命。その後も王党派として活動したが,王政復古(1660)となっても自分で期待したほどの処遇は受けなかった。失意のうちに田園に隠棲して文筆に専念。《詩集》(1656),《近作詩集》(1663),《詩文集》(1668)などを世に問うたが,その詩の特色は機知に頼る表現に見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カウリーの関連キーワードビーラー・ホラの戦瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデン新宮城

カウリーの関連情報