コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カクストン カクストンCaxton, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カクストン
Caxton, William

[生]1422頃.ケント
[没]1491. ロンドン
イギリス最初の印刷業者。 1438年から3年間ロンドンの織物商で徒弟奉公をしたのち,フランドルブリュッヘ (ブリュージュ) に移り,織物商人として富と名声を得た。かたわら文学書の翻訳にも精を出し,71~72年ケルンに滞在して印刷術を学び,74年ブリュッヘに印刷機を据えつけ,自分の訳した『チェスの手引』などを出版した。 76年イギリスに戻り,ウェストミンスターに印刷所を設け,宮廷・貴族層をパトロンとして『哲学者語録集』 Dictes and Sayenges of the Phylosophers (1477) ,百科事典『世界の鏡』 The Myrrour of the worlde (81) ,『カンタベリー物語』 Canterbury Talesなど約 100種類の書物を出版した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カクストン【William Caxton】

1422ころ‐91
イギリス最初の印刷・出版業者。ケントのウェルドで生まれた(《トロイ歴史物語》序文)と自分で書いているが,ロチェスターの近傍とする説もある。1438年,後ロンドン市長に選ばれる織物商組合の有力者ラージRobert Largeに徒弟奉公。生年はその記録からの逆推算であり,厳密には1415‐24年のどこか,と思われる。前半生は毛織物輸出商組合の商人として活躍,60年代初めには,その前進基地ブリュージュでイギリス商人コミュニティ統括の〈総督〉になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カクストン【William Caxton】

1422頃~1491) イギリスの印刷・出版業者。「トロイ物語」をフランス語から自ら翻訳しブリュージュで刊行、最初の英語活字本とされる。次いでウェストミンスターで「カンタベリー物語」などを出版。英語の標準化に寄与。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カクストン
かくすとん
William Caxton
(1422?―1491)

イギリスで最初に活版印刷物を出版した人。ケント州に生まれ、ロンドンで織物商に奉公、現ベルギーのブリュージュに渡って織物商組合代表者となったが、1468年ごろからフランス語の翻訳を始め、1474年ごろ英語の『トロイ物語集』を出版した。1477年に帰国、ウェストミンスターに住んで、チョーサーの『カンタベリー物語』などを出版し始め、死ぬまでに80冊に上る翻訳書、その他の出版を行った。国王や金持ち商人に人気を得たが、その出版物には古典は多くない。しかし、英語の書き方がまだ確立していなかった時代に、活版印刷によって新しい文章をつくったことは評価されている。[伊藤慎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカクストンの言及

【ちらし】より

…世界最初の手書きビラはローマ時代の本屋の店頭にみられる。また印刷ビラの最初は,1477年イギリスの出版業者カクストンの《サルズバリーのパイ》という宗教書の広告である。日本ではビラは近世に江戸で引札(ひきふだ),大坂ではちらしで通っていた。…

※「カクストン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カクストンの関連キーワードシャルル[6世]ヘンリー[6世]マサッチョカクストン版印刷者マークTHAADサード待機児童と未入所児シャルル日朝

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カクストンの関連情報