カクテルドレス(英語表記)cocktail dress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カクテルドレス
cocktail dress

婦人服の一種。 1940年代後半,欧米に現れたアフタヌーンドレスイブニングドレスの中間にあたるドレスで,セミフォーマルに属する。フォーマルなイブニングドレスよりはデザインの制限が少い。 1806年頃アメリカで考案されたカクテルの普及とともにカクテル・タイムができ,定席のない,いくぶん家庭的でプライベートなパーティーに出席する際に着る衣服として,カクテルドレスが生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カクテルドレス

カクテル・パーティーに着用される服。アフタヌーンドレスとイブニングドレスの中間のもので,形は一定していないが,袖(そで)はあっても短めで,スカートは開いたものが多い。生地はタフタやサテン,シフォンなど。羽根,花,リボンなどで飾ったカクテルハットをかぶる。現代では,服装のカジュアル化とともに,時間や場所で着分けることは一般に行われなくなった。
→関連項目礼服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

結婚式・ウェディング用語集の解説

カクテルドレス

カクテルドレスとは、カクテルパーティで着るドレスのことです。アフタヌーンとイブニングの中間にあたり、イブニングドレスを簡略化したものです。このことからカクテルドレスは、夕方から夜の準礼装として着用されます。昼のアフタヌーンドレスは肌をあまり露出していないデザインとなっていますが、夜のカクテルドレス・イブニングドレスは胴部分を大きく開けたり、深いスリットを入れたり、大人っぽい雰囲気が醸し出されているドレスとなっています。このカクテルドレスはワンピースが主流となっています。しかしセパレーツやアンサンブル、ツーピースであっても一向に構いません。袖の有無や、スカート丈などの制限も特になく、自由なデザインが可能となっているドレスです。こういったドレスデザインの特徴から、より自分らしさを表現できるドレスの一つと言ってもよいでしょう。またウェディングの場面においてこのカクテルドレスを着用するとき、ウェディングドレスの白色と対比してカラードレスと呼ばれることもあります。

出典 ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カクテルドレス【cocktail dress】

アフタヌーンドレスとイブニングドレスとの間に位置する女性の服装で,カクテル・パーティや公式の席に着用される。光沢のあるタフタやベルベットなどの布を用い,着丈はふくらはぎのやや長目,襟は大きくくり,袖なしが多いが,長袖も採用される。カクテル・ハット,コート,バッグも用いられる。【池田 孝江】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カクテルドレス【cocktail dress】

夕方の集まりやカクテル-パーティーにふさわしいドレス。イブニング-ドレスより略式で、普通丈のものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カクテル‐ドレス

〘名〙 (cocktail dress) カクテルパーティーなどで、女性が着る袖なしか半袖のドレス。イブニングドレスほど豪華で正式なものではない。
※女給夕子の一生(1956)〈井上友一郎〉二「カクテル・ドレスを拵えてやるという話よ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カクテルドレスの関連情報