カクテル・パーティー(英語表記)The Cocktail Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カクテル・パーティー
The Cocktail Party

イギリスの詩人,批評家 T.S.エリオット詩劇。3幕。 1949年エディンバラ音楽演劇祭で初演。エドワード夫妻のカクテル・パーティーに現れたピーターとシリアの4人の関係を通して,現代における夫婦のあり方や愛の問題を提起し,現代人の苦悩と宗教的救済を追究した作品。このなかでエリオットは,詩劇における会話は詩であると同時に日常会話の自然さをもっていなければならないとする彼の理論を実践している。 50年にブロードウェーで上演,ニューヨーク劇評家賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カクテル・パーティーの関連情報