コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサノーバ Giovanni Giacomo Casanova

大辞林 第三版の解説

カサノーバ【Giovanni Giacomo Casanova】

1725~1798) イタリアの文人。その名を不朽にした恋と冒険の記録「回想録」は、貴重な風俗資料でもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カサノーバ【Giovanni Giacomo Casanova】

1725‐98
イタリア冒険家,作家。ベネチアに役者の子として生まれ,ボヘミアのドゥクスの城でワルトシュタイン伯爵家の図書係として一生を終わるまで,50余年にわたって生地ベネチアとパリを中心に,コンスタンティノープルウィーン,ロンドン,ペテルブルグマドリードとヨーロッパを渡り歩いた。その間,ときに〈サンゴールの騎士〉を僭称しつつ,賭博師,外交官,占い師,投機家,密偵などの仕事に携わり,また何度も投獄の憂目に遭った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサノーバ
かさのーば
Giovanni Giacomo Casanova
(1725―1798)

イタリアの冒険家、作家。4月2日、ベネチアに役者の子として生まれる。1798年6月4日、ボヘミアのドゥクスの城でワルトシュタイン伯爵家の図書係として没するまで、50余年にわたって生地ベネチアとパリを中心に、コンスタンティノープル(イスタンブール)、ウィーン、ロンドン、ペテルブルグ、マドリードと全ヨーロッパを渡り歩いた。その間、ときに「サンゴールの騎士」を僭称(せんしょう)しつつ、賭博(とばく)師、外交官、カバラの占い師、投機家、密偵などの怪しい仕事に携わり、また何度も投獄の憂き目にあっている。ちなみに1756年、15か月にわたる幽閉ののち、ベネチア・ピオンボ牢獄(ろうごく)からの脱獄は、波瀾(はらん)万丈のその生涯のなかでも一大エポックであった。カサノーバは、君主、貴族から、文人、自然科学者、画家、役者、ぺてん師、放蕩(ほうとう)者、そして貴婦人から下女、娼婦(しょうふ)に至るまであらゆる類(たぐい)の人間と交わり、抜け目のない才覚と、遠慮を知らぬモラル、深くはないが広い教養を武器に、自由放逸な生涯を送った。
 空想的な小説『イコサメロン』(1788執筆)ほかの散文をはじめ膨大な量の書きものを残したが、著述家としてのカサノーバの名声は、ひとえに最晩年にドゥクスの城でフランス語で書かれた『わが生涯の物語(回想録)』(1791~98)によっている。エロティックな情事の記録が全編にあふれるカサノーバの『回想録』は、18世紀ヨーロッパ社会の人々と風俗の生々しいドキュメントとして、いまなお読まれている。[古賀弘人]
『岸田国士訳『カザノヴァ回想録』全20巻、7巻で中断(岩波文庫) ▽窪田般彌訳『カザノヴァ回想録』全6巻(1968~69・河出書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカサノーバの言及

【エロティシズム】より

…語源はギリシア神話の愛神エロスで,性的なイメージを意識的あるいは無意識的に喚起することをさす。性行為は,それ自体では別にエロティックではない。これを頭のなかで空想したり,イメージによって暗示したりするからこそエロティックなのである。《20世紀ラルース辞典》にはエロティシズムを〈病的な愛〉と定義してあるが,いかにも時代おくれで不正確である。エロティシズムの病的な性格は,そのいくつかの形態のうちの一つにすぎないし,愛はエロティシズムとは純粋に偶発的な関係しか有しないからだ。…

【自伝】より

…宗教的な告白自伝が,おびただしく書き残されたのは,17世紀のイギリスとアメリカであるが,まさしく清教徒革命,宗教的移民の時代というばかりでなく,すでに懺悔を教会の儀式としてとりこみ,制度化していたカトリック国と違って,告白への衝動を満たすためには,信仰日記や自伝がぜひ必要であった。すでに17世紀末には,信仰自伝の形をとりながら,実は自身の恋愛や武勲などを描いたものが現れ,18世紀に入ると,こうした世俗化の傾向がいっそう濃化して,詐欺師,悪漢の自伝から,カサノーバの《回想録》のような,快楽性あふれる性的自伝までものされるに至る。もちろん歴史家のギボン,アメリカの万能人的実務家フランクリンの自伝のような,いわば価値ある生涯の記録も出ているが,内なる秘めごと,裸の私の定着を目ざす傾向と,自身の業績の確認という意向とがからみ合い,重なり合う所に生まれたのが,ルソーの《告白録》,ゲーテの《詩と真実》という自伝文学の最高峰であろう。…

【ポルノグラフィー】より

…この世紀は〈ポルノグラフィーの黄金時代〉ともいわれている。たしかに快楽主義が流行し,サドやカサノーバが性のユートピアを追い求めた。J.クレランドの《ファニー・ヒル》(1749),サドの《ジュスティーヌ》に対抗して書かれたレティフ・ド・ラ・ブルトンヌの《アンティ・ジュスティーヌ》(1798)などのポルノグラフィーの傑作がこの時代に書かれている。…

※「カサノーバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カサノーバの関連キーワードルイス(Pierre Louys)サン・ジェルマン伯ポルノグラフィーエロティシズムカリオストロカサノーヴァカサノヴァ好色文学カサノバ回想録文人

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android